スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

う~ん

週末まで忙しい。

どうもこのパソコンはキーボードの反応が悪い。おかげで強く叩いてしまう。

スポンサーサイト

悩みどころ

せっかく線装本を入手しても冬だと虫干しできない。虫食い本だから一度は念入りに虫干ししておかないといけない。通読に難はないとはいえ、そこそこ虫食いがあることには変わらない。

年末の段階では春秋権衡の訳注で固まっていた本年の目標が、神代巻塩土伝を入手したおかげでゆらいでいる。どうしたものだろう。春秋権衡の難点は全17巻もあって、しかもまだ1巻しか終わっていないところだ。2巻も終わりの方まで進んではいるものの、大半が終わっていないことに変わりはない。

春秋権衡は左伝7巻、公羊6巻、穀梁4巻だから、穀梁から始めれば一番楽なのだが、遺憾ながら穀梁には劉敞の春秋学の本質的な解説があまり書かれいないばかりか、左伝を参照とか公羊を参照とかが多い。だからはじめるとなると左伝か公羊ということになり、どうせなら冒頭の左伝からということになる。とはいえ、それですら1/7、大目に見ても2/7が終わりつつあるだけだから、とても終われそうにない。

実のところ、本当なら去年の今頃は4/7くらい優に終わっているはずだったのだが、諸般の都合で、というか、面倒くさいという理由で、ここまで伸びてしまった。やはりやれるときにやらないと駄目だな。

かといって塩土伝といってもなぁ。今はあれこれ訳したりできるような段階ではない。それこそ塩土伝とか読み始めたら、来年の今頃までブログは一切停止してしまいそうだ。春秋には見切りをつけて、そういう方向に進むというのは、それはそれでおもしろいし、そうなると一度は知識を蓄積しないと駄目なので、それでもいいように思わないでもない。

とはいえ、一番問題なのは、万難を排してもなおもやり遂げなければならないという強い意志が全くなくなったことだろう。だから何をやるにも作業にやり、面倒くさくなり、どうでもいいかとおもって止めてしまう。しかしやる気ばかりは起こそうと思って起こるものでなく、必用に迫られるか、神がかり的なものがなければどうにもしようがない。

まぁ春秋権衡にしても塩土伝にしても、いずれにせよ衆人の興味を引かないものであることだけは間違いない。とりあえず塩土伝をスキャンしてデータで読めるようにする単純作業に精を出すのもいいかもしれない。

神代巻塩土伝と中臣祓塩土伝

昨日の線装本の件。興味のない人には全く興味のもてない秦山の『神代巻鹽土傳』と『中臣祓鹽土傳』の二つ。折角なので写真をあげておこう。なお「塩土伝」は本文のふりがなに従えば「しほづたへ(シホヅタヘ)」と読む。

まず『神代巻塩土伝』から。

神代巻表紙

題簽が残っているので分かりやすい。

神代巻1丁表

だいたいこんな感じの本。秦山の著書なので漢文で書かれてある。

次に『中臣祓』の写真。形式的には『神代巻』と同じ。

まず表紙:

中臣表紙

つぎに本文1丁目表。

中臣1丁表

序跋などは附されていない。ただ奥付が『中臣祓』の方につけられている。

奥付

写真でも読めるが、念のために翻刻すると以下のとおり(字形は正字体に改めた)。

中臣祓鹽土傳     一卷
神代卷鹽土傳     五卷
  右合刻六卷雕刻成功伏願
  可流通無窮長傳萬世者也
享保三年五月吉旦
     神京書舗柳枝軒謹識



その後の頁に秦山の他の著書があがっているので、これも参考までに挙げておく。現在の巻末解説の後に附されている書店の宣伝頁のようなもの。

附録


と、まぁこんなものですかね。ぱらぱらめくっただけでまだ中味はよく読んでいないが、なるほどよく言われるように、たしかに古い学説(秘伝的なもの)をよく引用している。もっとも秦山には渋川春海に充てた質問状がたくさん残っていているので、実際に読む段になると、それらもあわせて読んでいく必用が生じるだろう。他にも古事記の問目なんてのも残ってはいる。いちおう手元に基本となる資料は揃っているので、あとは読み進めるだけだな。

なお上の神代巻と中臣祓の塩土伝は私が買ったもので、どこぞに所蔵者がいるわけではない。だから必用ならコピーでも写真でもとることはできる。もちろん著作権も切れているし、版面も享保年間のもので問題ない。必用な人は連絡されたし。ただし私も暇ではないので時間はかかる。

もろもろ

線装本が届いた。事前に聞いていたとおり、帙入り本でもなく、虫食い本の、然程美しいものではなかったが、通読に難があるとも思われず、まあまあのものというべきだろう。でも線装本の話は明日にする。


キルミーベイベーなんだが......アニメではじめて見た人はおもしろかったかもしれないし、原作が好きな人でもおもしろいと思えた人はいただろうから、それはそれでいいのだが、私はちょっと合わなかったかなあ。微妙にテンポがまぁ。でも、キャラデザはよかった。たしかに原作もあんな感じだと思う。いずれにせよ今月末に出る新刊は楽しみだ。

そうそう忘れていた。アニメは基本的に原作に忠実だったけど、少し変更点もあった。気になるといえば気になるが、それほど問題があるでもないだろう。いまのところ。


シャナは展開が速いねえ。時間がないんだろうなあ。サブラクのところなんて、もう少し説明しておかないと、アニメしか見てない人間にはいまひとつピンとこないと思うのだが、どんなものだろう。でもだらだら時間を浪費するよりこちらの方が見ていて楽しいので、これはこれでありなんだろう。

そういえばゼロの使い魔もはじまった。


高崎の名物は何かネットで調べたら、やたらと焼き饅頭が出てくるので、高崎に行ったついでに土産でパックに入ったのを買ってきた。本当はそこで焼いてるのを食べるのがいいのだろうが、時間もなかったので、どんな感じのか分かるだけでよしとしよう。

どうも焼き饅頭というのは、かるかんみたいな饅頭に味噌とかそういうのを塗って焼いて食べるものらしい。で、焼いたら味噌味の焼き餅っぽいものになった。ちなみに饅頭とはいっても、餡は入っていないのが普通らしく、私の買ったものも餡はなかった。

まぁ、おいしかったよ。

焼き饅頭2

↑こういうのがいくつか入ってた。

焼き饅頭1

↑饅頭を拡大したもの。

焼いたのは写真をとるのを忘れていたので省略。焼き饅頭でググったらいくらでもでてくると思う。


どうでもいいけど、去年の終わりくらいからこのブログにAmazonの画像が貼れなくなってる。というか、商品検索ができない。なにか設定をいじったのだろうか。無理して貼り付ける必用もないから、かまわないと言えばかまわないのだけど。......と思ったらできた。何だったんだろう。

キルミーベイベー (4) (まんがタイムKRコミックス)キルミーベイベー (4) (まんがタイムKRコミックス)
(2012/01/27)
カヅホ

商品詳細を見る


そういえば4月からこれはゾンビですかが始まる。京子はもう出てこないのだろうか?まぁでてきてもあの京子でないとおもしろくないけど。

高崎

所用で高崎に行っていた。まぁ所用のあとはぶらぶらしていたので、遊びに行ったと言えないではない。ついでに高畠さんの故郷である前橋まで行こうかと思ったが、時間がなかったので断念した。そういえば前橋は高畠さんの故郷だったんだなあ。いかに故郷とはいえ、高畠さんが実質的に活動していたのは東京だから、今まで前橋に行かなければならないと思ったことはなかった。このあたりが秦山先生を調べる為に高知に行かなければならないのとの違いだろうか。

それはそうとちょいと足を伸ばして富岡製糸場跡(?)に行ってみた。もともと官営から民間に払い下げられて、敗戦後まで稼働していたようなところだから、ところどころ微妙に新しさを感じさせるところだった。なんでも今は世界遺産の指定を受けようと運動しているらしい。そのせいか、もとからなのかよく知らないけど、日本の近代化にどれほど貢献したかということと、女工哀史的なものはあるませんでした的な展示がなされていた。

別段女工哀史に興味もないし、世界遺産の指定を受けるための展示に馬鹿正直に余計なことを書く必要もないので、それはそれでかまわないのだが、ここは不思議なほど建物の内部に入れなかった。いちおう製糸の機械が並んでいるところに入ることはできるのだが、寄宿舎の中とか、入れなくてもいいから、中がどうなっているのか見てみたかった。もっともこの建物自体が明治から戦後の昭和にかけて活動していたものだから、実際に中を見ても、明治や大正の雰囲気を感じることはできないのかもしれないが。

写真を何枚かとってきたが、「サイトで勝手に公開するな」と但し書きがあったので貼るのは止める。

富岡日記
こんなんがあったんだな。

正月早々

よけいな出費をしてしまった。しかし線装本を買うなんて久しぶりだな。本が届いたらまたレビュー(?)でもしようかな。ちなみに今日から連休です。

それはともかくiPhoneに群馬県の天気を追加しようとしたら出てこなかった......。これって有名な話だったのね。高崎も前橋も出てこないから何でかと思ったら、もともと登録されていなかったのか。う~む。それにしても群馬県は調べれば調べるほど我が故郷を思い出す(いや、群馬の方が栄えてるけど)。高崎駅からバスが日に1~2本って、なんて親近感のあるところなんだ。もっとも実際に時刻表を見てみたら、もっとバスが通っているらしく、やはり我が故郷の方が落ちぶれているのが確認できた。

しっかし、このブログの内容と「天下後世云々」とが全く無関係になってしまった。

無題

さすがに二日と三日は電車がすいていた。いつもこれくらいだと楽なんだがな。

岡次郎の校訂した黙識録が古本屋に売っていた。1万くらいだったから値段相応ではないかと思う。私は日本倫理彙編のしかもっていないので、欲しいといえば欲しいが高いな。もともと売るつもりで出したのではなく、仲間内に配るつもりで刷ったらしいから、部数もあまりないのかもしれない。黙識録は三宅丹治の主著です。

尚斎の主著が黙識録なのはいいとしして、秦山の主張はなんだろうか?まさか秦山集でもあるまいから、塩土伝にでもなるのだろうか。しかしあれは完成してから長らく寿命があったし、あまりそういう話も聞かないがなぁ。

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

......つい先ほど去年の締めくくり記事を書いた気もするが、そのあたりは触れないことにしておこう。私の場合は明日から出社なので別段正月だからといっても、年末年始も普通の土日と変わらなかったりするんだが。もっとも今週は半ばから連休なので、それが正月の代わりといえば言えないでもない。

そんなわけで相も変わらぬブログですが今年も宜しくお願いします。

カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

awatan

Author:awatan
HN:江藤清通
かつては春秋学・宋代史・南学(秦山関係)関係の記事を中心に書いていました。最近は開店休業状態で、数ヶ月おきに思いついたことを書いてます。

自営サイト
最近の記事
カテゴリー
リンク集
全記事表示

全ての記事を表示する

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。