スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろ

そういえばカンピオーネ!がアニメ化されるとかいってたな。7月からだったんだ。どう転ぶのかは分からないが、プロモーション映像を見るかぎり、教主は出てこない感じだな。全般的にやや目が大きく幼げな感じに思わんでもない。ついでに確認したら新刊がでていた。

穀梁古義疏の出版は歓迎するが、内容があまりいただけないのは分かっているので、それはそれとして、春秋経の校正を行ったところ、句読点をどうつけるかに迷いが出てしまってなかなかはかどらない。事実上、自分用のものだから拘らなくてもいいといえば拘らなくてもいいのだが、あまりにばらばらだと気にならないとも言えない。困ったものだ。

阿部吉雄氏の漢文の研究のほかにも、赤塚忠氏に漢文の基礎という本があるのを知った。赤塚氏のは遠藤哲夫(当時高校教員)氏の協力を得て作ったとあるので、遠藤氏がほとんど作ったのではないかという気もしないではないが、いずれにせよ改訂版以降は赤塚氏と遠藤氏の共著という扱いになっている。改訂版の端書きでも見れば何か分かりそうだが、そこまでするものでもあるまい。

阿部氏のも赤塚氏のも、両者とも受験参考書として編まれたようだから、当然ながら専門家が使うようなものではない。が、むかしの入試問題が学者が知恵を絞って作ったらしいことも聞いたことがあるので、昭和30~40年代のものとあれば、それなりのおもしろさもある(ような気がする)。

阿部氏のは冒頭に句法の整理があり、それから受験問題を中心に文章の解釈に及んでいる。受験問題も、難易度順に配列したというものではなく、経史子集的なジャンル分けがなされている。受験問題には出題大学の名が挙げられている。解釈は総じて漢文の構造を重視したもののように見える。

赤塚氏のは語法だけを集めた部分はなく、問題文を読解しながら、そこに出てきた語法を個別に解釈していくというスタイルになっている(新出の語法があれば、そこに意味がまとめてかかれている)。受験問題は、こちらもジャンル別ではあるが、詩からはじまり、文章、経書、諸子(思想)の順番なので、たぶん阿部氏のものより初心者は取っつきやすいように思う。解釈は語法的なところが多いほか、余説的なものが目に付く。

阿部先生のものがいつ絶版になったのか不明ながら、両者ともに同じ旺文社からでており、赤塚先生の初版が阿部先生の改訂版後しばらくして出版されているので、阿部先生の後継として赤塚先生のが出版されたのだろうか。これも調べれば分かりそうなものだが、その必要もないことなので未解決のままおいておくことにする。

スポンサーサイト

穀梁古義疏

tuini kokuryoukogiso ga hatubaisareta. masaka hatubaisarerutoha omowanakatta. bikkurisita. sorenisitemo sadentoka hokanimo sakini dasumono ha attato omounodaga, naze korewo dasu kini nattanodarou. mottomo kokuryoukogiso ga koutenseiridekiteitakoto ha kanarimaekara kiiteita. dakara genkouzitai ha kanarimaeni dekiteita to omou. sorega youyaku hinomewo mirukotoni natta to iukotodarou.

dodemoiiga, kuuhaku ha doko de iretara iinodarou.wakaran.

穀梁古義疏

面倒くさいので止め。

阿部吉雄氏に『漢文の研究』というのがあったらしい。最近入手して読んでみたところ、実にふつうの受験参考書だった。

いろいろ

今日はいろいろと疲れた。反省すべきところも多々あったが、長らく研究的なものから遠ざかっていたので、そういう意味からは価値のある一日だった。研究も細く深く進めていくと人がいなくなって、誰も対応してくれなくなるというのは、あながち嘘ではないが、そういう方面の研究を自ら進んでしているので、こればかりは止めることはできない。自己の所信を進むしかあるまい。しかし同じ研究室の関係者以外と話す機会がほとんどなかっただけに、関係のなかった人と話ができたということは有意義だった。

しかし関係ないところに顔を出していると、このブログの存在がばれるのも時間の問題だ。なにせああいうものをネットで公開しているのは(日本語で)私だけだからな。いや、高畠先生の情報はどんどん集まってもらって結構なんだけどね。

読書その他

鍋山貞親著作集の上はなかなかおもしろい。某は裏切り者だとかいろいろ書いてある。少しも共感するところはないが、こういうはなしは読んでいて心が躍るな。

漢文は高校の学習に不要だという話を耳にして久しいが、古文もぼちぼちその仲間に入ってきたような気がする。まぁ漢文は「先進文明」なので、和文よりも先に衰退がはじまったのだろう。しかし天下国家的な議論をしたいなら、やはり漢文の方が価値があるのではないかと思う。別に私が好きだからという理由からではなくて。

遅くてなってもうしわけないが(返信):
その「之」は指示語ではなく、単に上の漢字が動詞だということを示すにすぎない。之がつねに指示語だというのは受験漢文だけの話で、「之」は指示語ではない。

紫乃先生〆切前! (2) (まんがタイムコミックス)紫乃先生〆切前! (2) (まんがタイムコミックス)
(2012/06/07)
王嶋 環

商品詳細を見る


最終巻になってしまった。

近況など

あまり期待してなかったコミケ82に当選していた。準備の状態はあまりよくないけど、春秋権衡の巻2までは終わっているので、それを整理し直して新刊にする予定。それと春秋経を冊子にしたものも持って行けるのではないかと思う。これは自分用という側面もあるので、なんとか間に合わせたい。他は、間に合えば、且つ金銭的に折り合いがつけば、高畠本ももっていけるかもしれないが、どちらかというと金銭的な方面で無理だと思う。まぁ高畠本はあえてコミケでなくともいいだろう。漫画は未定。

最近ひょんなことから鍋山貞親の文章を読んだ。まちがって戦前の著作集っぽいものを買ってしまったのが原因で、本当は戦後に出た著作集を買う予定だったのが、古本屋がいいかげんな標記をしていたものだから、勘違いして買ってしまったのだ。しかし折角戦前と戦後の著作集に目を通す機会を得たので、ついでに戦後にでた選集とかいうのもぱらぱらめくってみた。

戦前のは『左翼労働組合と右翼との闘争』(第一輯)、『社会民主主義との闘争』(第二輯)というのが正式な書名らしい。いずれも彼が「輝けるリーダー」として活躍していたころの文章だから、読んでいても平板で面白味もない。換言すれば、同じことばかり書いてある。これに引きつけられるのは主義主張が一致するひとだけだろう。とても無関係の人間を引き込む文章とは思えない。

で、戦後の選集は『ジャーナル』とかいうのに連載していた時事の短文をまとめたものらしく、上の本よりは読めないではない。が、戦前の発言ならいざ知らず、言論の自由が認められた後とあっては、あまり面白味はない。それに真面目すぎてくるしい。戦後の著作集は、まぁ有名なのでいいだろう。前半は自伝的なものだからそこそこおもしろい。後半は例の「12章」が載っている。

もともと鍋山貞親に興味があったわけでもないのに読んだからこういうことになったのだろう。しかし折角手元に本が集まったので、しばらく読みつづけることにしてみる。あぁ、そうそう、鍋山氏は学者でないだけあって、佐野学の著作集よりは読みやすい。だからといって別段人に読むことを勧めたりする気にはなれないけども。

深夜に目が覚めてしまった。おかげで眠れない……最近は20時すぎに眠たくなってしかたがない。で、その時間に寝てやったら24時ごろに目が覚めて大変なことになった。どうせなら4時頃に目が覚めればいいのに。

秦山集

問ふ。程朱格物の傳を補ひ、而して中庸首に愼獨と云ひ、格物に及ばざるは、何ぞや。此れ陽明門泒の吾が道に寇する最首の一檄なり。今將に之を破らんとす。知らず、何の説以て之を服すべきやを。諸友試みに之を言へ。將に衞正の力を勸んとす。
(『秦山集』十四)

カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

awatan

Author:awatan
HN:江藤清通
かつては春秋学・宋代史・南学(秦山関係)関係の記事を中心に書いていました。最近は開店休業状態で、数ヶ月おきに思いついたことを書いてます。

自営サイト
最近の記事
カテゴリー
リンク集
全記事表示

全ての記事を表示する

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。