スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建炎二年から

建炎二年
二月丙寅、延康殿学士と述古殿学士がそれぞれ端明殿学士、枢密直学士にもどった。
四月己巳、京西で数万が盗賊になったとある。
五月丙戌、進士の経義詩賦兼収方が出来てる。
七月甲午、宗沢が死ぬ。嘘つき野郎が死んでくれて、高宗も助かっただろう。
十一月甲午、北京大名府が陥落。ここに来ても両河周辺の守備隊長は戦死するんだなあ。
十二月己巳、右僕射の黄濳善が左僕射に、知枢密院事の汪伯彦が右僕射に。頼もしい!

建炎三年
二月、淮南方面に女真軍がせまる。癸亥、己を罪するの詔。己巳、黄濳善らが罷免。単純だな。
三月庚辰、中書侍郎の朱勝非が右僕射に。癸未、苗傅・劉正彦の乱。隆祐太后の垂簾同聴政。なにゃかんやで翌月には鎮圧。この月に劉豫が降服してる。
四月戊申、隆祐太后を皇太后に。癸丑、朱勝非が罷免。呂頤浩にかわる。
五月、張浚が四川で軍閥化しとる。苗傅と劉正彦が捕まる。で、六月癸丑に処刑。
七月丁亥、呂頤浩と張浚が范瓊を粛清するよう打診し、壬辰に死を賜る。この辺りは難しいところだな。范瓊はなんで逃げなかったのだろうか。どう考えても粛清されそうな人間なんだが、おそらくそれは南宋中期頃の考えなんだろうな。この時期だと逃げる理由がよく分からないといったところだろう。
十月、女真軍が南下。高宗逃げ回る。

建炎四年
正月、張俊の活躍で女真軍の動きが鈍る。
二月、何となく女真軍が撤退。といいつつ戦争はつづく。
四月丙辰、呂頤浩が首になる。
五月甲辰、范宗尹が宰相に。
六月辛巳、崇寧以来~
七月丁卯、劉豫が斉の皇帝に即位。張孝純が右丞相に。張孝純は優秀だからな。
八月、しかし張浚は無能なくせに専制的な政治をするな。突然、北伐とかいわれてもなあ。数ヶ月前にはぼろぼろだったのに。厚かましい連中だな。
九月丁卯、早速敗戦。何しに北へ向かったのだろうか。
十一月甲辰、秦檜が帰国。救国の英雄がついに帰還したか。

紹興元年
二月癸未、将来宗祀明堂。皇祐にしたがい、天地合祭並びに祖宗を配す。
四月庚辰、隆祐太后が崩御。どうでもいいが張浚の記事が多い。やはり四川の人だからだろうか。誰でもやってることが、さも特筆すべきことのように記されている。愚かしいこと限りなし。
八月丁亥、参知政事の秦檜(いつのまに?)が右僕射兼知枢密院事になる。宰相が枢密院を兼ねとかいうのが前にでていた。
九月辛亥、天地合祭。その後、元符末の応詔上書人、当日奸臣朦蔽、分為三等、反号邪人。令有司求訪元籍定姓名、依元祐党人例、検挙推恩。なるほど。癸丑、呂頤浩が左僕射・平章事兼知枢密院事。

さすがに戦争の記事が多い。ただ一二の例外を除いて、局地戦が多い。

スポンサーサイト

ぼちぼちはじめるか

おもわず時間があいてしまった。今日からまたはじめよう。やはりPCを立ち上げなくなると、ブログもかかなくなる。タブレットでは入力に時間がかかるから億劫になるんだな。

カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

awatan

Author:awatan
HN:江藤清通
かつては春秋学・宋代史・南学(秦山関係)関係の記事を中心に書いていました。最近は開店休業状態で、数ヶ月おきに思いついたことを書いてます。

自営サイト
最近の記事
カテゴリー
リンク集
全記事表示

全ての記事を表示する

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。