スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑談

ぼちぼち平常にもどらないといけないな。こんなに長時間、テレビを見たのは久しぶりだ。


以下、いつもの雑談。

ディスコルシ ローマ史論 (ちくま学芸文庫)ディスコルシ ローマ史論 (ちくま学芸文庫)
(2011/03/11)
ニッコロ・マキァヴェッリ

商品詳細を見る


マキャヴェリの『ローマ史論』の文庫。むかし『マキァヴェッリ全集』の一冊として発売されたものを文庫化したらしい。もっとも解説によると、さらにおおむかし『世界の名著』に収録した「政略論」がおおもとにあるそうな。ということは私がむかし読んだ『世界の名著』と同系列の本なのか。例の『君主論』と併称(?)される本ね。

まだ全部は読んでいないけど、おもしろそうなところを拾い読みしたかぎり、まぁ......そこそこ楽しいことは書かれてあった。例えば第1巻第17章なんてタイトルからして「退廃した人民は、解放されたとしても、自由を維持していくのはこの上なく困難である」とある。でも、なんというかね、私の性格的なものだろうけど、こういう論調には慣れているのでハッとする驚きがないというか。そうだよね、の一言で終わってしまうというか。

ちなみに本書は学者の手になるだけあって訳文は小説家のように流暢ではないが、別に意味をとるのに苦労するでもなし、分かりやすい方なのではないかと思う。少なくとも岩波の君主論よりは読みやすいと思う。岩波のも慣れると読みやすくなるんだけど、どうにもリズムがつかみにくい訳のような気がするんだ。

岩波の君主論もリンクしておこうかと思ったけど、講談社のと評価が混ざっているようなのでやめておく。


決断のとき 上・下2冊セット決断のとき 上・下2冊セット
(2011/03/31)
ジョージ・W・ブッシュ

商品詳細を見る


これは訳本になるんだねえ。

わざわざ翻訳するならブレアさんの回顧録の方を読んでみたかったが(A Journey: My Political Life)、外国語を読むのはしんどいので原文を読む気にはなれない。


Q版大明衣冠図志

......ちょっとかわいい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

awatan

Author:awatan
HN:江藤清通
かつては春秋学・宋代史・南学(秦山関係)関係の記事を中心に書いていました。最近は開店休業状態で、数ヶ月おきに思いついたことを書いてます。

自営サイト
最近の記事
カテゴリー
リンク集
全記事表示

全ての記事を表示する

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。