スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焦袁熹『春秋闕如編』++++

春秋闕如編八卷

江蘇巡撫採進本

(国朝*)焦袁熹の撰。袁熹、字は広期、金山*の人、康熙丙子の挙人。本書は未完成の書物で、成公八年で筆が止まっている。また巻ごとに袁熹の名印が押されていることから、本書はその稿本であると推定できる。また本書の端には孫の鍾璜の手になる跋文が附されているが*、これもまた当時の直筆である。

さて穀梁伝が常事不書*の例を発してこの方、孫復が有貶無褒*の理論を発展させた。後代の学者はこれを受け継ぎ、模倣を繰り返し、厳罰主義でもって経を解釈するようになっていった。その結果、春秋二百四十二年の中、上は天王より下は列国に至るまで、一人として糾弾を免れたものはなく、〔孔子の高弟たる〕子游・子夏ですら一辞も付け加えられなかったかの春秋をして、ついに〔厳罰主義の本尊たる〕申不害・韓非の口舌をしてなお余りあるほどの有様となった。その流弊の極まるところ、天道をすら貶すものが現れる状態になったのである(呂柟の『春秋説志』には、季孫意如の卒を書す理由を説明して、「天道の錯誤」に言及した件がある*)。春秋はかくして混乱極みに至ったものと言えよう。

(つづく)

*国朝:清朝のこと。
*金山:調査中。おそらく上海。
*跋文:四庫本になし。
*常事不書:「定例行事は経文に記さない」の意。
*有貶無褒:「経文には対象事件・人物を貶したところはあっても褒めたところはない」の意。
*天道の錯誤云々:『春秋説志』巻五に云う、「卒意如者何。曰:定公既立、則意如不可不卒、徳其立已也。其忘昭公乎。若曰昭公薨于外而意如卒于内、雖天道亦左矣。」


ググっていたら四库提要著录丛书というのが出ているらしい。要するに四庫本のできが悪いから、四庫所収書目で他の善本と差し替え可能なものを集めたものということだろう。収録書目が分かれば便利なんだがな。まぁ分かっても利用の便がないから意味ないけど。

いや、やっぱり紙ですって。紙は読みやすいし。あちらこちらの蔵書を見て回って集めまわるより、その叢書一つで全部見られるほうが便利ですよ。まあね、中国様のすることだから、四庫本とは別本というだけでゴミ本を収録している可能性が結構あるので、それなりの利用価値しかないような気はしますがね。それに私が買うわけじゃなし、どうせ大した価値もない他の叢書を公費で買うのなら、これ買っても同じですよ。

そういえば文瀾閣の四庫全書も出版計画があるらしい。こっちの方があほくさい。文瀾閣の四庫本なんてほとんど文淵閣と文津閣の引き写しで、現存善本も多いのだから、善本のなくなった稀覯本だけまとめて印刷すればいいのだ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

awatan

Author:awatan
HN:江藤清通
かつては春秋学・宋代史・南学(秦山関係)関係の記事を中心に書いていました。最近は開店休業状態で、数ヶ月おきに思いついたことを書いてます。

自営サイト
最近の記事
カテゴリー
リンク集
全記事表示

全ての記事を表示する

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。