スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これゾン+秦山先生手簡

書くのを忘れていたが、これゾンDVDの第3巻を入手した。例の京子の回ということで、BDにしようかとも思ったが、結局DVDの通常版で我慢することにした。そうねえ、作画はちょこっと集成されているようにも思うが、基本的に放送時のと変わりない。まぁそっちを売りにしてたわけでもあるまいから当たり前だけど。

土佐國群書類従の秦山先生手簡、あらためて見てみるとやはりいつもの悪いところが出ている。まず凡例が杜撰すぎる。そして底本がはっきりしない、注釈や改定の方法が明記されていない、他本との関係が必ずしも明らかでない。

例えば解説によれば底本は東大本のはずなのに、なぜか「内閣本により補う」(51頁第97条)の文句があり、内閣文庫所蔵本が底本なのか東大所蔵本が底本なのか、読者をして迷わしめるものとなっている。また本文開始直後の第4条には「(レ下)」が補入されているが、そもそも何本によって補ったものなのか、全く意味不明だ(増補された文章は刊本=青楓会本に同じ)。本叢書全般に言えることではあるが、このあたりのテキスト製作に厳密を欠くように見える。

その他、群書類従本と青楓会本との決定的な違いは、群書類従本が秦山先生手簡上中下巻および附録のみを収録したのに対し、青楓会本はその上さらに追補29通の書簡を収めているところにある。まぁ青楓会本の追補に価値があるか否かはともかく、秦山先生を慕う人間としては、書簡が残っているならそれも見たいところだろう。群書類従の新版は、あくまでも群書類従のそれであるから、このあたりは「土佐國群書類従」の限界なのだろう。

というように群書類従本にも遺憾な点はある。

あ、あと、今回の群書類従本は基本的に新漢字を利用している。これは古籍の翻刻として致命的な欠点と言える。どうせ一般人は読まないのだから、新漢字のような中途半端なものは使わず、底本どおりのものを使ってくれた方がよかった。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

awatan

Author:awatan
HN:江藤清通
かつては春秋学・宋代史・南学(秦山関係)関係の記事を中心に書いていました。最近は開店休業状態で、数ヶ月おきに思いついたことを書いてます。

自営サイト
最近の記事
カテゴリー
リンク集
全記事表示

全ての記事を表示する

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。