スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進展

哲学の本とか読んでいると、読書会を開いてみんなで勉強すれば為になる、というようなことが書いてある。それはそうだと思うが、みんなで春秋を読もうとかいって集まる人がいるとは思えない。やはり弱小勢力のものを学ぶには一人で頑張るしかないのだろう。いや、春秋に限らず、礼でも書でも。論語は除く。

とりあえず春秋経文の一次整理は終わった。あとは経文の異同を調べることになるのだが、研究とかやり出すと途端に時間がなくなった。まあいつも仕事からかえってだらだらするだけだったから、少しはマシなのかもしれない。だらあだらすると時間だけがあっというまに過ぎてしまう。

経文の異同は最善を期しがたいので、とりあえず清代の成果をつかって大まかなところだけ記すことにしよう。しかしあえて穀梁伝の経文を主にもってくるなんてのは、我ながらあほうとしか言いようがない。私自身ですら使いにくいのだから、他人はまず使うまい。しかしこれも宗旨とするところのことなのでしかたあるまい。

なんだかんだで鍾文蒸の補注の第2版を購入した。痛い出費になったが、これで利用が便利になった。1冊の本はたしかに便利なのだが、太すぎるとそれも考えものだ。そういう意味では民国時代に春秋三伝というものが出たのだが、これは大変な優れものだ。

春秋三伝には、春秋三伝と宋代以降の主要な学説が付されており、かつ名號歸一圖とか経典釈文とか年表とかもくっついている。他にも便利な資料がついているので、これ1冊あるだけで春秋をずいぶん深く学べる。惜しむらくは、ぺらぺらの粗悪な紙に、粗雑な作りなところだろうか。こういうコンパクトなものの再生を願う(たしかこれの校点本も2冊本で出たはず)。

そんなところ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

awatan

Author:awatan
HN:江藤清通
かつては春秋学・宋代史・南学(秦山関係)関係の記事を中心に書いていました。最近は開店休業状態で、数ヶ月おきに思いついたことを書いてます。

自営サイト
最近の記事
カテゴリー
リンク集
全記事表示

全ての記事を表示する

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。