スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようやくはじめた

ようやく春秋権衡の巻三を開始した。相変わらずねじれた論理を展開している。さすが劉敞だな。久しぶりに読むと感動を覚える。とても巻四まで終われると思えないが、まぁ少しずつ訳していこう。というか、訳文より補注の文字数の方が多いのはよくない。やはり注は極力省き、本文だけで意味が通じるようにしなければならない。そういえば一箇所、正義の解釈で分かりにくいところがあった。まぁ勢いで読めば分かるが、例の如く文法構造がはっきりしない。ちなみに靖康の変を調べる為の資料も揃えた。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

awatan

Author:awatan
HN:江藤清通
かつては春秋学・宋代史・南学(秦山関係)関係の記事を中心に書いていました。最近は開店休業状態で、数ヶ月おきに思いついたことを書いてます。

自営サイト
最近の記事
カテゴリー
リンク集
全記事表示

全ての記事を表示する

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。