スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もろもろ

折角なのでkindleで吉川英治の随筆私本太平記を読んでみた。いや読んでいる最中なんだけど。吉川英治の小説は昔よく読んだからというのもあるんだろうけど、やはりおもしろいな。最近のものにくらべて語彙が豊富な気もする。それと誰かがkindleの方が速く読めるというようなことをいっていたが、あるいはそういうこともあるのかもしれない。1頁分の文字数が少ないから、先を読むのを焦る人は、すいすい読んでいける。私なんか終わりまであと何ページとか考えながら読んだりするので、予想外にページが進むと気分良く読める。

何年ぶりだか明儒学案を開いた。中華書局の修訂本。一番マシな江右王門学案をぱらぱら読んでみたのだが、以前ほどのいらつきさはなかった。年を取ったからかもしれない。それとも興味のかけらもないほどに遠いところに来てしまったので、かつては憎悪の対象でしかなかったものをみても、なんとも思わなくなっただけなのかもしれない。いずれにせよはっきりしているのは、やはり読み進めようという気は起きないということだけだ。やはりこういう宗教じみた学派には興味がもてないのだろう。もうとっくに人生の後半に入っているのだから、無理して嫌いなものを趣味で読むような悪趣味なことをしないでもいいだろう。

とはいえ、私もひょんなことからある事実をしり、それで心が安らかでいられなくなるときもある。仕事のことや生活のことではなく、全くそいういうことと関係のない、かつての浪費した時間に関係することにおいて。しかしそういう感情も最近は少し覇気?がなくなってきて、気持ちが高ぶることはあっても、どこかで非常に冷めた目で、世の中はそういうものだから、それはそれでいいのではないか、というように見ているようでもある。やはり年をとったのと遠いところに来てしまったのが原因なんだろうか。単純に暑いからかもしれないけど。

最近妙に本が読みたくなって、学生でもあるまいに、同時に数冊の本を読みたいと思うようなこともあった。なんだろうか。しかし何でも読みたいわけではなく、興味のない本は全く読む気になれない。去年買ったままになっていた入矢義高氏の本(岩波の現代文庫から出ていた二冊目)を開いてみたものの、全く読む気になれず、他人の思いで話だけを読んで終いにした。おそらく宗教的な内容だったので、何も興味をもてなかったのだろう。あるいはあるがままの生を認めるという、私の思想と正反対のことが書かれていたので、辟易したのかもしれない。いや、文章も読みやすいし、その道の大家だったというのは知っているし、そういうのにケチをつける気はないが。

日新とかなら興味をもつんだがな。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

awatan

Author:awatan
HN:江藤清通
かつては春秋学・宋代史・南学(秦山関係)関係の記事を中心に書いていました。最近は開店休業状態で、数ヶ月おきに思いついたことを書いてます。

自営サイト
最近の記事
カテゴリー
リンク集
全記事表示

全ての記事を表示する

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。