スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大観の時代

大観元年
正月に早速蔡京が復帰。
二月に章楶の息子がらちられる。
三月に趙挺之が失脚。
五月、張懐素の獄。元祐学術関係の禁止が出ている。蔡京が復帰したからだろうか。
九月、章楶の子どもの獄が備わる。政府高官の息子の疑獄事件だからか結構長いな。この少し後で崇寧五年の詔に応じて政治を批判した人々が処罰されている。さすがは中国だな。諫言しろと命じておきながら、本当に諫言したら処罰される。実にたのもしい。崇寧五年の詔は彗星があらわれたときに出た詔。正月のこと。蔡京が失脚して、しばらくして趙挺之が復権した。
十月、張商英がめっちゃ処罰されてる。

大観二年
正月、と思いきや、元祐党人の軽度な連中は許されてる。ええ加減だな。もっと徹底しろよ。
三月、孫固らの元祐党人が籍から抜けている。うーん、理由があるんだろうか。
六月、韓維らの元祐党人が籍から抜けている。そういう時期なのかな。あ、元祐党の罪がうんたらかんたら述べてる。続いて韓忠彦・蘇轍・安燾が許されはじめている。文彦博も。孫固とか韓維は正直大物ではあっても大したことをしてないから、わからんではないが、蘇轍は許してはいかんだろう。
九月、皇后王氏が崩ず。
十二月、張商英が自便。

大観三年
六月、蔡京が失脚。有名な石公弼の弾劾か。かわって何執中が宰相に。何執中がぼろくそにいわれたのもこの時代なんだな。張商英もちと許されてる。已出籍人の例に依るとあるので、張商英は元祐党人ではないんだろうなあ、公式には。
七月、章楶の息子が許されてる。うーむ、わざわざこの記事を残したところに恣意性を感じざるを得ないな。趙挺之の奪官ももとにもどされてる。
十一月、蔡京が太師致仕。毛注がぼろくそに批判したらしいが聞き入れられなかったらしい。うーむ、毛注というのもおもしろいやつだな。蔡京も権力を握っているわりに、自分の批判者のすべてを追放できたわけでないところが笑える。

大観四年
二月、おお、「自今官司の移文の元祐奸党及び党人と称す者、並びに係籍・出籍人と称せ」。ふむ。
三月、でも陳瓘は息子の偽証で左遷されてる。かわいそうに。上書邪等も無過人例に依るらしい。ふむ。なにか融和ムードですね。
四月、蔡京が哲宗実録を献上している。
五月、章惇も許される感じ。蔡京も追い詰められている。
六月、張商英が宰相に。忘れていたが、張商英が復権する時代だったのか。だから党禁が甘くなったのだろうか。
七月、曾布も許される感じ。
閏八月、朋党の厳禁。今更感がある。
十月、鄭氏が皇后へ。
十一月、陳瓘も自便が許される。

今日はここまで。次は政和から。政和に蔡京が復活するはずなので、ちと楽しみではある。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

awatan

Author:awatan
HN:江藤清通
かつては春秋学・宋代史・南学(秦山関係)関係の記事を中心に書いていました。最近は開店休業状態で、数ヶ月おきに思いついたことを書いてます。

自営サイト
最近の記事
カテゴリー
リンク集
全記事表示

全ての記事を表示する

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。