スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

廖平全集の備忘録

廖平全集のこと。いくつか気付いた点があるので、忘れないようにメモっておこう。以下、たまに書き足すかも知れない。


大半の写りは良いが、稀にインクがにじんだような頁があり、やや残念。ただし識字に難はないので、気にするほどでもない。

廖平の春秋三伝に対する体系的な注釈書。
・穀梁春秋経伝古義疏
・公羊春秋経伝験推補証
・春秋左氏古経説義疏
この三つの整理の仕方が違っていた。校点者が違うためなのか、それとも全集の編集方針の為せる業なのか。穀梁古義疏と左氏古経説はインデントをとるのに対して、公羊補証はインデントをとらない。公羊補証の方が経の注釈としては読みやすい。

王制訂が読みやすくなった。王制訂は、『礼記』王制の本文を経・伝・注・疏に割裂した書物で、経に対して伝は1文字、伝に対して注は1文字、注に対して疏は1文字だけ、それぞれ行頭に空格を置き、一目で経伝注疏の区別が明らかなように作っている。王制訂は以前の『廖平選集』にも王制訂は収録されていたが、インデントをとっていたので、経伝注疏の配置の妙がくずれ、読みづらいことこの上なかった。今回の全集ではインデントが省かれており、原文の読みやすさが反映されている。すばらしい。漢籍にインデントはいらん。いや、論文系のものはあると便利だけど、経書関係のはない方がいいことが多い。

六訳館叢書の今古学考の最後に春秋天子二伯方伯卒正附庸尊卑表というのがある。全集にもないので、おそらく別のものがくっついているのだろう。全集のすべてに目を通せば、これが何者かわかるのだろうか。

当然のことながら、六訳館叢書に収録されていた廖平以外の著作物は、全集では省略されている(光緒会典も省かれている)。が、「六訳館外編」は収録されている。また井研芸文志も収録されている。

こういうのは巴蜀書社では出さないのね。孟文通全集は巴蜀書社っぽいのだけど。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

awatan

Author:awatan
HN:江藤清通
かつては春秋学・宋代史・南学(秦山関係)関係の記事を中心に書いていました。最近は開店休業状態で、数ヶ月おきに思いついたことを書いてます。

自営サイト
最近の記事
カテゴリー
リンク集
全記事表示

全ての記事を表示する

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。