スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

廖平から諸々へ

廖平で思い出した。むかし廖平にはまっていたころ、『今古学考』が重用だというので、必死に読んだ記憶はあったのだが、どうも巻下(巻上は図表)をすべて書き下し文にしていたらしい。とはいえ、そもそも当時は、廖平が今古文をどう捉えているのか、概説的な内容を知っていただけだったので、当然のこととして読み間違いが甚だしく、さきほどチラッと見ただけでも、結構な数の誤読があった。知識面での不足のほかに、廖平の用字がよくわからず、色々悩んだとおぼしきところもあり、我がことながら笑ってしまった。

もちろん読み間違いは間違いであって、当時も今も学力がねーなというにつきるのだが、それとは別のこととして、よくまあ当時はあれをすべて書き下しにしてみるだけの精力があったものだと、こちらも我がことながら感心してしまった。廖平について知りたいという思いがそうさせたのだろうが、そういう気力のおよそ残っていない現在から振り返ると、少しく驚かされるものがある。もう7~8年前のことになるようだから、まだ若かったし、それだけ世の中に対する憎悪の気持ちが強かったのだろう。

とはいえ、今年は仕事面とは別に、なにかしたい気もないではない。

すぐに頭をよぎるものとしては、廖平の『経話』がある。『廖平全集』を購入して以来、寝る前にこの『経話』を読んでいると、なかなか味わい深いことが書いてあり、おもしろくもあり、また紹介したい気持ちにもさせられるのだが、これはそこそこの分量があるし、また紹介するにしては、意味のない部分も少なからずありで、何かをするための目標とはしづらい。

劉敞の『春秋権衡』は長い間止まっていたが、昨年半年くらいつかって巻三と巻四を終わらせたので、できれば続けたいのが、同時に、これは巻17まであるし、そもそも『春秋意林』『春秋伝』が後に控えているので、焦ってどうこうできないと思っている。というか焦って進めれば、多分わたしの性格から考えて、『権衡』の巻六、うまくいっても左伝のおわる巻七で力つきてしまうだろうことは明らかだから、むしろ細々とできるところまで続けた方がまだマシだろう。

今年はもう一つ、まだ公にできないことをする予定なので、あるいは専らそちらに力を費やしてみるのもありかもしれない。ただ、あれはあれで長丁場になりそうなのが苦しいところではある。むかしから短期決戦でなければ力を出せないという、凡人にありがちな能力をもっているおかげで、なかなか大きいことができない。たしかに困ったことだ。

そういえば、サイトの廖平の部分は書き加えておかないと。『廖平全集』と『廖平著述考』が出たおかげで、資料の利便性がぐっとあがったのだった。というか、むしろ廖平研究はかつてないほどしやすくなったのだった。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

awatan

Author:awatan
HN:江藤清通
かつては春秋学・宋代史・南学(秦山関係)関係の記事を中心に書いていました。最近は開店休業状態で、数ヶ月おきに思いついたことを書いてます。

自営サイト
最近の記事
カテゴリー
リンク集
全記事表示

全ての記事を表示する

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。