スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

権衡201

二〇一 二年,及晉處父盟。杜云:「處父不能匡君以禮,而親與公盟,故貶其族。」非也。既沒公如晉,又沒公於盟,諱義備矣。復去處父氏,反不明。豈其然乎。

二〇一 二年、「及晉処父盟」(晉の処父と盟す)。杜 云ふ、「処父は君を匡すに礼を以てする能はず、而して親ら公と盟す、故に其の族を貶す」と。非なり。既に公の晉に如くを没し、又 公を盟に没すれば、諱の義 備はれり。復た処父の氏を去れば、反て明らかならず。豈に其れ然らんや。

二〇一 二年、「及晉処父盟」(晉の処父と盟す)。杜は「処父は君を匡すに礼を以てする能はず、而して親ら公と盟す、故に其の族を貶す」という。【注1】間違いである。すでに経は公が晉に向かったことを記さず【注2】、さらに盟において公を記していない【注3】のだから、それだけで諱んだ意味は十分に明らかである。そのうえ処父の氏まで除いてしまえば、かえって意味がわからなくなる。このようなことがあるだろうか。


1 杜預の注は経に対するもの。ただし劉敞の駁論は伝をふまえたものなので、以下に伝を引いておく。(亀甲括弧は杜預の注)
(経)及晉処父盟。〔処父 晉の正卿と為り、君を匡すに礼を以てする能はず、而して親ら公と盟す、故に其の族を貶す。族を去れば、則ち卿に非ず。故に微人の常称を以て耦と為し、直を以て不直を厭す。地いはざるは、晉の都に盟すればなり〕
(伝)晉人 公の朝せざるを以て来りて討つ。公 晉に如く。夏、四月己巳、晉人 陽処父をして公に盟せしめ以て之を恥かしむ〔大夫をして公に盟せしめ、以て魯に恥辱あらんと欲す。……〕。書して「晉の処父と盟す」と曰ふは、以て之を厭すればなり〔厭は猶ほ損のごとし。晉 非礼を以て公に盟す、故に「之を厭す」と文し以て譏りを示す〕。晉に適くこと書せざるは、之を諱めばな〔公 晉に如くを書せず〕。
2 伝に「公 晉に如く」とあるのに拠る。
3 経に「公及晉処父盟」とないことに拠る。

参考
○『劉氏伝』……孰か之に及ぶ。公なり。公なれば則ち何を以て公を言はず。大夫の公に敵するを得るを与さざればなり。何を以て地いはず。晉を地とすればなり。晉を地とすれば、何を以て「公 晉に如く」と曰はず。恥ずればなり。此れ陽処父なり。何を以て氏いはず。未だ其の氏を以て通ず能はざればなり。
○『意林』に説なし。
○『正義』(経の正義)……春秋 卿は則ち名氏を書し、賤者は則ち人と称す。外卿の貶は、例 皆 人と称し、魯の卿の貶は、乃ち其の族を去る。族を去ると人を称すとは相類すれば、即ち是れ卿と為さざるなり。処父 晉の正卿と為り、国を匡すに礼を以てする能はず、君 魯に盟せしむれば、即ち君の命に従ひ、親ら公と盟す。故に貶して其の族を去る。処父は是れ晉の賤人と言ふが若し。則ち復た公と書せず、直に「晉の処父と盟す」と言ふは、魯の賤人 往きて之と盟すと言ふが若きなり。魯の賤人は合に名を書すべからず、其の為す所の事を挙ぐるのみ。「及」と言ひ、「名」を言はざるは、是れ微人の常称なればなり。微人の常称 処父と偶を為すを以て、処父も亦た賤人の若きなり。魯は微人を以て微人に敵するは直なり。晉 卿を以て公に敵するは、直ならざるなり。此くの若く経に書すは、魯の直を以て晉の不直を厭すればなり。然らば則ち処父を貶して人と称はざるは、之を貶して人と称へば、則ち悪名 見えざればなり。其の族を貶して其の名を留むるは、処父を悪む所以なり。……

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

awatan

Author:awatan
HN:江藤清通
かつては春秋学・宋代史・南学(秦山関係)関係の記事を中心に書いていました。最近は開店休業状態で、数ヶ月おきに思いついたことを書いてます。

自営サイト
最近の記事
カテゴリー
リンク集
全記事表示

全ての記事を表示する

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。