スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

権衡205

二〇五 五年,王使榮叔歸含且賵。王使召伯來會葬。左氏曰:「禮也。」非也。庶子為君,為其母無服。不敢貳尊者也。妾母稱夫人,王不能正,而又使公卿會之葬,何禮之有。

二〇五 五年、「王使栄叔帰含且賵」(王 栄叔をして含 且つ賵を帰らしむ)。「王使召伯来会葬」(王 召伯をして来りて葬に会せしむ)。左氏 曰く、「礼なり」と。非なり。庶子 君と為れば、其の母の為に服する無し。敢へて尊者を弐(なら)べざればなり。妾母 夫人と称し、王 正す能はず、而して又 公卿をして之が葬に会せしむ、何の礼か之れ有らん。

二〇五 五年、「王使栄叔帰含且賵」(王 栄叔をして含 且つ賵を帰らしむ)。「王使召伯来会葬」(王 召伯をして来りて葬に会せしむ)。【注1】左氏は「礼なり」という。【注】間違いである。庶子が君主となった場合、生母のために喪に服することはない。尊き者(夫人)と並ぶ存在を認めてはならないからである。妾母が夫人と称しながら、王はそれを正すことができず、そればかりか公卿をつかわして、その葬儀に参加させている。このどこが礼に適ったおこないであろう。


1 経は「五年、春、王正月、王使栄叔帰含且賵。三月、辛亥、葬我小君成風。王使召伯来会葬」の順に並ぶ。
2 伝は「五年、春、王 栄叔をして来りて含 且つ賵せしむ。召の昭公 来りて葬に会せしむ。礼なり。」という。これに対して杜預は、「成風は荘公の妾なり。天子 夫人の礼を以て之に賵す。母は子を以て貴きを明らかにす。故に礼と曰ふ」と注す。これに対して『正義』は、「伝は二事を挙げ、一の「礼なり」を以て之を結べば、則ち含賵・会葬 皆 礼を得るなり」という。

参考
『劉氏伝』……
(1)王使栄叔帰含且賵。
含とは何ぞや。口 実たすものなり。王 何を以て天無し。是れ天の法に非ずと言ふなり。是れ天の法に非ずとは何ぞや。是れ始めて妾を以て嫡と為すなり。此れ帰なり。何を以て来を言はず。帰りて来る有り、帰あるも来らざる有り。含 且つ賵を帰るは、正に非ざるなり。帰りて来らざるも、亦た正に非ざるなり。交 之を譏れり。
(2)王使召伯来会葬。
葬に会するの礼、鄙上に於いてす。葬に会し、猶ほ含を帰るなり。之を成して夫人と為せり。

『意林』……「王使栄叔帰含且賵」。知らざる者、乃ち以て謂ふ、「天子 人の妾に賵するは小過のみ、而るに之を譏ること深し。車を求め、母弟を殺すは大悪なり、而るに之を譏ること略せり」と。是れ春秋 人倫を正すの意を知るに及ばざるなり。君臣、父子、夫婦は、治の三綱なり、道 焉より先なる莫し。桓 臣を以て君を殺し、而るに王 之に命ず。成風 妾を以て嫡を僭し、而るに王 之を成す。三綱に於いて廃れり。是れ人の人たる所以を去るなり。王の天無きこと、亦た明らかならずや。古の文を為す者、三画して一 之を貫きて王と為す。一 之を貫くとは、能く天に法るを謂ふなり。苟も天に法る能はずして、何ぞ王の称あらん。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

awatan

Author:awatan
HN:江藤清通
かつては春秋学・宋代史・南学(秦山関係)関係の記事を中心に書いていました。最近は開店休業状態で、数ヶ月おきに思いついたことを書いてます。

自営サイト
最近の記事
カテゴリー
リンク集
全記事表示

全ての記事を表示する

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。