スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

権衡206

二〇六 六年、「晉殺其大夫陽處父」。左氏曰:「侵官也。」按左氏此事始末,罪處父,獨有稱趙宣子為能耳。改蒐易將,凡出晉侯,何以謂處父侵官邪。人君任賢不稱,必將致敗。苟食禄者,舉當諫君。況處父晉國太傅邪。事有不便,言之□矣【校1】。以此為侵官,是教大臣拱黙也。左氏又曰:「陽子,成季之屬也。故黨於趙氏。」此欲致其法,必以侵官塗汚處父耳【校2】。凡言黨者,謂其陰私比周,不以正舉者也。若舉不失人,亦何謂黨乎。如處父之舉趙盾,趙盾卒為良大夫。其退賈季,賈季卒為亂而奔。皆可謂當矣。非故有所厚薄也。春秋豈忽于此貶之邪。如使大臣見賢而舉,謂之侵官,見賢而不舉,乃其職矣。不亦謬乎。

二〇六 六年、「晉殺其大夫陽処父」(晉 其の大夫の陽処父を殺す)。左氏曰:「官を侵せばなり」と。左氏の此の事の始末を按ずるに、処父を罪せること、独り趙宣子を称して能と為す有るのみ。蒐を改め将を易ふこと、凡そ晉侯に出ずれば、何を以て処父 官を侵すと言はんや。人君 賢を任じて称はざれば、必ず将に敗を致さんとす。苟も禄を食む者、挙げて当に君を諫むべし。況んや処父 晉の国の太傅なるをや。事に便ならざる有り、之を言ふは□〔宜〕なり。【校1】此を以て官を侵すと為せば、是れ大臣をして拱黙せしむるなり。左氏 又 曰く、「陽子は、成季の属なり。故に趙氏に党す」と。此れ其の法を致さんと欲し、必ず官を侵すを以て汚を処父に塗るのみ。【校2】凡そ党と言ふは、其の陰私に比周し、正を以て挙げざる者を謂ふなり。若し挙げて人を失はざれば、亦た何ぞ党と謂はんや。処父の趙盾を挙げるが如き、趙盾 卒に良大夫と為る。其の賈季を退くがごとき、賈季 卒に乱を為して奔る。皆 当れりと謂ふべし。故に厚薄する所有るに非ざるなり。春秋 豈に此に忽にして之を貶せんや。如使し大臣 賢を見て挙げ、之を官を侵すと謂はば、賢を見て挙げざるは、乃ち其の職たり。亦た謬らざるや。

二〇六 六年、「晉殺其大夫陽処父」(晉 其の大夫の陽処父を殺す)。左氏は「官を侵せばなり」という。【注1】左氏の記すこの事件の顚末を検討したところ、処父を罪する理由は、ただ趙宣子を有能だと称賛したことだけである。蒐を改め、将を変えたことは、そもそも晉侯が行ったことである。【注2】なぜこれをもって処父が「官を侵した」といえよう。君主の任用が不適切であれば、必ず敗滅を招くことになる。禄を食むものは、こぞって君主を諫めねばならない。ましてや処父は晉国の太傅であれば、なおさらであろう。物事に不都合なことがあれば、それを発言するのが筋である。【校1】発言を理由に「官を侵す」というのであれば、それは大臣になにもさせぬことになる。左氏はまた「陽子は、成季の属なり。故に趙氏に党す」という。【注3】これは自分のやり方を成就せしめんがため、「官を侵した」ことをもって、処父に汚名を着せているにすぎない。【校2】およそ「党」というものは、こそこそ私的な結びつきをもち、中正の立場で人材を推挙しないことをいうのである。もし正しい人材を推挙したのであれば、それをなぜ「党」といえよう。例えば、処父は趙盾を推挙し、趙盾はついに優れた大夫となった。また賈季を退け、賈季はついに反乱を起こして出奔した。いずれも適切な推挙であったといわねばならない。含むところがあって、人材を進退したわけではない。春秋がこの点を見逃して処父を貶するだろうか。もし大臣が見知する賢者を推挙することが「官を侵す」ことになるというのであれば、見知する賢者を推挙しないことが、大臣のつとめとなってしまう。なんと誤った考えではないか。


1 「言之□矣」、四庫本同。『弁疑』作「言之宜矣」。
2 「必以侵官塗汚處父耳」、四庫本同。『弁疑』作「必於侵官以塗汚處父耳」。


1 文公六年の晉殺其大夫陽処父に関わる伝をふまえる。
2 伝には「陽処父至自温、改蒐于董、易中軍」(陽処父 温より至り、改めて董に蒐し、中軍を易ふ)とあり、晉侯の判断であるとは記されていない。「易中軍」については、公羊伝と穀梁伝に晉侯が決裁したと記されている。
3 注1の中に見える。

参考
・『劉氏伝』……穀梁伝を主にしたもの。最後に「然らば則ち処父の罪せらるるは何ぞや。処父は人臣と為りて、華にして実ならず、剛を好みて上を犯し、事を興して以て自ら名と為せば、以て其の身を殺すに足るのみ」と指摘する。
・『意林』……「晉殺其大夫陽処父」(晉 其の大夫の陽処父を殺す)。事に即て情を探れば、陽処父 罪無しと謂ふべし。而るに春秋 免ぜざるなり。以て謂へらく陽処父の自ら其の身を事とすること、未だ始めより其の死の道を得るに至らざれば、則ち其の死は不幸に非ざるなり。孔子 曰く、「人の生くるや直し、之を罔して生くるや、幸にして免かる」と。処父をして其の死を得しむるは、固り幸いのみ。豈に直の謂あらんや。子路 側に侍り、行行如なり。子 曰く、「由 其の死を得ず」と。然して盆成括に才有り、而して君子の大道を聞かず。孟子 曰く、「死なん」と。故に君子 其の身を愛し其の生を全うする者、必ず其の道に由る。其の道に由りて死さば、比干の若きと雖も、仲尼 之を仁と謂へり。其の身を愛し其の生を全うするも其の道に由らず、其の道に由らずして死さば、処父の若きと雖も、春秋 之を罪ありと謂ふ。春秋は幸にして免かるるを貴ばず。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

awatan

Author:awatan
HN:江藤清通
かつては春秋学・宋代史・南学(秦山関係)関係の記事を中心に書いていました。最近は開店休業状態で、数ヶ月おきに思いついたことを書いてます。

自営サイト
最近の記事
カテゴリー
リンク集
全記事表示

全ての記事を表示する

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。