スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

権衡208

二〇八 晉人及秦人戰于令狐。杜氏曰:「趙盾廢嫡而外求君,故貶稱人。晉諱背先蔑,而夜薄秦師,以戰告。」按:如此説,安知稱晉人者,非趙盾諱無信而以微者告乎。在春秋中,杜氏所注,若此者多矣。何獨至此晉人,而謂之春秋貶乎。此乃見事在可以説之域則説之,事在不可説之域則不説也。智足以紿學者矣,亦何解經之有。

二〇八 「晉人及秦人戦于令狐」(晉人 秦人と令狐に戦ふ)。杜氏 曰ふ、「趙盾 嫡を廃して外に君を求む、故に貶して人と称ふ。晉 先蔑に背きて夜に秦師に薄るを諱み、戦を以て告ぐ」と。按ずるに此の説の如ければ、安くんぞ晉人と称ふは、趙盾 信 無ければ微者を以て告ぐるを諱むに非ざるを知らんや。春秋の中に在りて、杜氏の注する所、此の若き者 多し。何ぞ独り此の晉人に至りて之を春秋の貶と謂ふか。此れ乃ち事の以て説くべきの域に在れば則ち之を説き、事の説くべからざるの域に在れば則ち説かざるを見すなり。智 以て学者を紿くに足るも、亦た何ぞ経を解すること之れ有らん。

二〇八 「晉人及秦人戦于令狐」(晉人 秦人と令狐に戦ふ)。杜氏は「趙盾 嫡を廃して外に君を求む、故に貶して人と称ふ。晉 先蔑に背きて夜に秦師に薄るを諱み、戦を以て告ぐ」という。さて、もしこの通りであれば、経に「晉人」という理由について、「趙盾に信義がなかったために、微者の所行として赴告したわけではない」と、なぜわかるのだろうか。春秋に対する杜氏の注には、このような発言が多々みられる。なぜこの「晉人」のみに対して、春秋が貶したとみなすのだろうか。これこそ口を差し挟めるものであれば口を差し挟むが、さもなくば口を閉ざすというものである。これで学者を欺くことはできようが、とても経を解したとはいえまい。

参考
・劉氏伝……「戦ひて之に及ぶと言ふは、之を主る者なればなり。猶ほ晉人 此の戦を為すを志すと為すがごとしと云ふのみ。何を以て師の敗績を言はざる。敵すればなり。」
・意林……なし。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

awatan

Author:awatan
HN:江藤清通
かつては春秋学・宋代史・南学(秦山関係)関係の記事を中心に書いていました。最近は開店休業状態で、数ヶ月おきに思いついたことを書いてます。

自営サイト
最近の記事
カテゴリー
リンク集
全記事表示

全ての記事を表示する

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。