スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

権衡211

二一一 八年、「公子遂会雒戎盟于暴」(公子遂 雒戎に会し暴に盟す)。【注1】左氏は「之を珍とするなり」【注2】という。言うこころは、公子遂が権に戎と盟を交わしたのは、事の宜を得たものであるから、褒めて公子といったのである、と。間違いである。もし両つながら公子と記しているので【注3】褒めたと見なすのであれば、僖三十年の「公子遂如京師、遂如晉」(公子遂 京師に如き、遂に晉に如く)は貶したことになる。あちらで貶したといわないのは、なぜだろうか。【注4】

【注】
1 経は「冬、十月、壬午、公子遂会晉趙盾、盟于衡雍。乙酉、公子遂会雒戎、盟于暴。」と続く。暴の盟に対して、杜預は「公子遂不受命而盟、宜去族。善其解国患、故称公子以貴之」(公子遂 命を受けずして盟すれば、宜しく族を去るべし。其の国患を解くを善みす、故に公子と称ひて以て之を貴ぶ)と注す。
2 伝は「冬、襄仲会晉趙孟、盟于衡雍。報扈之盟也。遂会伊雒之戎。〔伊洛之戎、将伐魯。公子遂不及復君、故専命与之盟。〕書曰『公子遂』、珍之也。〔珍、貴也。大夫出竟、有可以安社稷、利国家者、専之可也。〕」(冬、襄仲 晉の趙孟に会し、衡雍に盟す。扈の盟に報ずるなり。遂に伊雒の戎に会す。〔伊洛の戎、将に魯を伐たんとす。公子遂 君に復するに及ばず、故に命を専らにして之と盟す。〕書して『公子遂』と曰ふは、之を珍とすればなり。〔珍は貴なり。大夫 竟を出ずれば〕、以て社稷を安んじ、国家を利すべき者有れば、之を専にするも可なり。〕)という。〔〕内は杜預の注。
3 本経の前にも「公子遂会晉趙盾、盟于衡雍」と公子遂を記していることによる。したがって「公子遂如京師、遂如晉」において公子遂を褒めるには、「公子遂如京師。公子遂如晉」と記さねばならないはずだと言いたいのであろう。
4 『権衡』巻四・一九〇条を参照。なお「公子遂如京師、遂如晉」の主題は「遂」であり、そこで明確な褒貶は発されていない。

【参考】
・劉氏伝……曷為れぞ再び公子遂と言ふ。之を与せばなり。
・意林に説なし。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

awatan

Author:awatan
HN:江藤清通
かつては春秋学・宋代史・南学(秦山関係)関係の記事を中心に書いていました。最近は開店休業状態で、数ヶ月おきに思いついたことを書いてます。

自営サイト
最近の記事
カテゴリー
リンク集
全記事表示

全ての記事を表示する

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。