スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もろもろ

「古代ローマの庶民たち」とかいう本を読んでいると、その中に奴隷の章があった。奴隷って庶民ではないと思うんだがな。

唐宋史料筆記叢刊の『曾公遺録』を入手したので、気に入ったところだけぱらぱら読んでみる。当事者の一方的な発言なのでなかなかおもしろい。しかし言葉で残る以上は行為といえども主観を離れないわけだから、この紀事がそっくり偽物だと、なかなか笑える話ではある。

ついでに唐宋史料筆記叢刊の銭塘遺事校箋考原。どうも特定の人が編集すると、異様に注が多い。それを目的に編集したからそういう書名になっているのだろうけど、注がメインなのか本文がメインなのかよくわからない。注は本文の通読に邪魔なんだがな。もっともこのシリーズは研究目的で使うことが多く、一般人が趣味でよむものではあるまいから、それでいいのかもしれない。

全宋筆記は三輯まで買ってやめたが、唐宋史料筆記叢刊はたまにしか発売されないので、新刊を見るとついつい購入してしまう。研究しているわけでもないのに、無意味なことだ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

awatan

Author:awatan
HN:江藤清通
かつては春秋学・宋代史・南学(秦山関係)関係の記事を中心に書いていました。最近は開店休業状態で、数ヶ月おきに思いついたことを書いてます。

自営サイト
最近の記事
カテゴリー
リンク集
全記事表示

全ての記事を表示する

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。