スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どーでもいいこと

そういえば、自分の文章を読み直すと、懐かしさは全くないが、変に共感するときがある。自分が書いているのだから当たり前と言えば当たり前なのだが、自分が「感心」するようなことを書いているから、人が読まないのだ。あまりに自明。

もひとつ、そういえば、かつて角川文庫から出版されていた田辺氏の『パンセ』を入手し(もちろん古本だよ)、ぱらぱら読んでみた。実は岩波文庫の『パンセ』があまりに読みにくいので、かつて読んで感激したものは、ここまで読みにくくなかった気がするが......と思って入手に踏み切ったのだった。

岩波文庫のはいろいろ批判されているし、それは正しいのかも知れないし、正しくないのかもしれないが(そもそもフランス語なんて読めないから、正しい正しくないとかいう以前の問題なのだ。パンセのためにフランス語の勉強?そこまでして読みたくない)、そんなことはどうでもいい問題として、私にとって、かなり読みにくかった。強いて利点を挙げれば、注が細かいというところだが、これは本文の読みやすさとは無関係。

角川のパンセを読んでも(というか適当に気に入ったところをぱらぱら見ただけだが)、懐かしさを感じるほど読み込んだわけではもちろんなく、「へー、こんなのだったかなー」くらいだった。が、それはそれとして、岩波文庫よりは読みやすかった。読みやすいというと語弊があるようなら、訳者が訳して伝えようとしている内容が、まだしもわかったような気にさせてくれるものだった。いや、岩文の方がわかりやすいという人も当然いるだろうし、それはそれで全くよいことだと思う。私以外の人には何の関係もない、私の読みやすさの話。

読みやすさというと、文選が同じ岩文から出ていた。発売日に買ったものの、結局ほとんど読まずに放置している。このまま読むこともなく、売り飛ばすことになるだろう。買わなければいいのに、つい買ってしまうのは悪い癖だ。

ちなみにこの文選、コラムみたいなのが載っているのだが、なぜそんなものを載せたのか、今一つ理解に苦しむ。自分の文章は文選に匹敵すると言いたいのだろうか?あと注は詳しくもなかった。私のように中国の古典について全くの無知であり、かつ詩についても全くリカイできない人間は仕方ないとしても、詩には興味があるものの、中国の歴史はこれからです、という人は分かりにくいような気もするが、どうなんだろうな。もちろん玄人向けというのなら、コラムは不用だし、訳文もいらないと思うので、一般人に売ろうとしているということは、やはりそういう配慮が求められるような気もする。

いや、どーでもいいことだった。だからなんだというはなしだった。それでも、一つ気になることは、訳者は自分の訳文をどう思っているのだろうか。文選に並ぶ名文と思っているのだろうか?しかし「文」の「選」で詩のみの訳注。すばらしい。

家にSDCの娘が一人いるのだが、この娘は遠目の方がかわいく見える。遠目で見ているとチラチラ気にしているような顔つきながら、近づいてみると、なんじゃお前!というような、お化けでも見るような顔になる。......まあ好かれてはいないのだろう。

......本当にどーでもいいことしか書いていないと、さすがに苦しいな。書くのなら、何か意味のあるものにしたいが......雑談録とかは所蔵権(?)の問題でここにあげられないし......

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

awatan

Author:awatan
HN:江藤清通
かつては春秋学・宋代史・南学(秦山関係)関係の記事を中心に書いていました。最近は開店休業状態で、数ヶ月おきに思いついたことを書いてます。

自営サイト
最近の記事
カテゴリー
リンク集
全記事表示

全ての記事を表示する

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。