スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宋代初期の地図

最近は暑くなってきて,仕事して寝て仕事しての寝ての繰り返し。だれもそうだろうけど,あまり愉快な気持ちではない。まあ,仕事が楽しい人は別でしょうがね。

日記ついでに。

宋代の史料を読むとき,『中国歴史地図集』の宋代部分を利用することが多い。遺憾ながら,私には地名を見ただけで地理が想像できないからだ。それはともかく,最近,太宗時代の対契丹戦の史料を調べていて,どうもしっくりこないものがあった。もともと同書の地図は政和二年という,北宋最末期の状態を体現している。だから太宗のような北宋初期の地図ではないのである。

ということで,唐代の部分を利用することにしたのだが,宋代の地図に慣れていると,唐代の地図の新鮮なこと。もちろん頭では唐代領域の宏大なことは知っているが,同じ色でベターと塗られた領域を見ていると,改めて唐の領域の大きさを感じさせられる。と同時に,なにかしらん,北宋最初期の地図を見ているような気にもなった。

石晉が燕雲十六州を契丹に割譲して以降,確かに宋代の地図は同書宋代の色分けに近いものになっていた。しかし太宗が燕雲十六州を奪回しようとしたとき,そこには同書宋代の地図のような,明白な色分けはなかっただろう。燕雲十六州はほんらいは宋のものであって,しかも当然にして取り返さなければならない,宋代領域と同じ色の地域だったはずである。

開封から大名府,雄州・覇州,それから易州・幽州と同じ色でぬられた,そんな唐代の地図を見ていると,なにやら北宋初期の皇帝の頭にあった地図を眺めているような気になった。

気になっただけなんだけどね。

スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

awatan

Author:awatan
HN:江藤清通
かつては春秋学・宋代史・南学(秦山関係)関係の記事を中心に書いていました。最近は開店休業状態で、数ヶ月おきに思いついたことを書いてます。

自営サイト
最近の記事
カテゴリー
リンク集
全記事表示

全ての記事を表示する

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。