スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四庫提要(春秋類3)057

追記(2009/03/15):以下の翻訳はこちらのページ(別館:公孫樹内)に訳し直しました。

李廉『春秋諸伝会通』24巻

○浙江范懋柱家天一閣蔵本

元の李廉の撰。廉,字は行廬,廬陵の人。明の楊士奇の『東里集』には,「廉は至正壬午の年に春秋によって郷里の推薦を受け,陳祖仁の榜の進士に合格した。信豊令にまでなったが,〔元末の〕叛乱のため臣節を守って死んだ。当時は〔革命の最中で〕情報の伝達が難しく,その節義を称えるいとまがなかった。また明初に『元史』を編集したときには,関係部署に旧友がおらず,所管の官僚も〔その節義を〕上奏することができなかった。このため史書に漏れたのである」とある。ならば廉は確かに忠義の士であり,空言を弄んで経を解釈するものではなかったのである。(*1)

本書は諸家の学説を集成したものである。その自序には,「左氏を先に置くのは,事柄のためである。公羊と穀梁を次に置くのは,はじめて経を解釈したものだからである。三伝の注を次に置くのは専門を重んじてである。義疏を次に置くのは,疑問あるところを解釈したからである。胡氏によって総括するのは,判断を重んじてである。陳氏と張氏を並列したのは,その長所を選んでである。さらに他の諸学説と典籍を持ち寄り,それらに節略を加えて参考に供した。解釈の異同,義理の是非,物事の本末については心を尽くした」とある。そのため本書は胡氏を宗旨にするとはいえ,実に多くの箇所に駁正を加えている。また参照した諸学説もよくその長所を選んでいる。一事の疑念や一辞の異同に対しても,一つの矛盾もおこらぬよう,ほどよい解釈に導いている。

例えば,「仲子は正妻でないのだから,隠公を摂政と言うわけにはいかぬ」(*2)と言い,「斉の桓公が伯者になれたのは,〔先々代の〕僖公と〔先代の〕襄公のおかげである」(*3)と言い,「三桓の勢力が大きくなったのは,魯の僖公の時代に原因があった」(*4)と言い,「〔経文に〕呉が越を夫椒で破った記事がないのは,〔結果として〕復讐できなかったことを責めてである」(*5)と言い,「〔経文に〕『昭公を葬った』とあるのは,魯が季氏を反逆者として処断しなかったことを責めてである」(*6)と言い,「〔経文に〕『劉文公を葬った』とあるのは,畿内の諸侯の僭越を責めてである」(*7)と言い,「〔経文に〕『蛇淵囿を築く』とあるのは,定公が〔斉から〕美女と音楽を受け,志が荒れたことを責めてである」(*8)と言う。これらの議論はみな明白正大である。〔また本書冒頭の〕総論百余条(*9)も,事柄と道理の均衡をとったものであり,最も属辞比事の宗旨を得たものである。このため『欽定春秋伝説彙纂』に多く採用されるところとなった。

廉の自序には至正九年已丑とあり,また「経を読むこと三十年,分外にも進士の名を頂いて郷里に帰り,困難な職務を忝なくした。〔......〕かくして本書が完成した」(*10)とも言っている。『元史』を調べると,陳祖仁の榜は順帝の至正二年に当たる。ならば廉は科挙再開の年に進士に合格したのであり,官僚となったのはかなり遅い。それまで門を閉ざして著述に励み,古来の学問に心を潜ませていたのであろう。科挙のためにした学問ではなかったのである。

『四庫全書総目提要』巻28



(*1)春秋は正名の学問だから,「春秋を修める=死節を守る」となる。逆に春秋を修めたのに,理由もなく死節を守らなかったものは,春秋が分かっていなかった,つまり空言を弄して遊んでいただけの人間だということになる。ただ普通は後者が多いので,前者の李廉は春秋学者にふさわしい人間だということにもなる。なお楊士奇の言葉は『東里集』続集巻16春秋会通に見える。
(*2)巻1の隠公(標識)の注(案語)に見える。以下,いずれも李廉の案語中の言葉。
(*3)隠8宋公齊侯衛侯盟于瓦屋条に瓦屋の盟を説明して,「然鄭莊固挟齊以自強,齊僖亦資鄭以糾合。故瓦屋雖以王爵尊宋,而明年宋公不王之罪,又發於鄭人。是齊僖陽尊宋衞,而陰固鄭黨,宋衞不悟,而僖襄之小伯。桓公之創伯,皆原於此矣」とあるのによるか。
(*4)巻11僖公篇の最後の注。「案:僖公在位三十三年,實為魯之賢君。當其初歳,内用公子友、臧文仲,外則堅事齊桓。故能去慶父之姦蠧,使魯國既危而復安。……蓋自十六年季友卒,後臧文仲之竊位,公子遂之專權,如滅項會楚之失,備見於經。……此僖之不得全為賢侯也。況乎季友受費,而季孫氏始;公孫茲帥師,而叔孫氏始;公孫敖帥師,而孟孫氏始。三桓之基,皆肇於僖公之編,則僖公亦魯國功之首,罪之魁也歟」とある。
(*5)哀1仲孫何忌帥師伐邾の附注。
(*6)定1葬我君昭公条。
(*7)定4葬劉文公条。
(*8)定13築蛇淵囿条。ただし四庫官の引用は案語と少しくずれがある。
(*9)本書に総論はない。おそらく読春秋綱領のことを指して言ったものであろう。
(*10)激務の仕事を与えられて書物が完成したというのでは意味が分からない。李廉の自序によると,激務の仕事を与えられ,また自身の記憶も曖昧になったとき,近年世に出回った解釈書が多く杜撰であることを知り,根本を抑えることの必要性を痛感したので,年来の自身の学問を注ぎ込んで本書を完成させた,ということになっている。

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

awatan

Author:awatan
HN:江藤清通
かつては春秋学・宋代史・南学(秦山関係)関係の記事を中心に書いていました。最近は開店休業状態で、数ヶ月おきに思いついたことを書いてます。

自営サイト
最近の記事
カテゴリー
リンク集
全記事表示

全ての記事を表示する

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。