スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四庫提要(春秋類3)058

追記(2009/03/15):以下の翻訳はこちらのページ(別館:公孫樹内)に訳し直しました。

鄭玉『春秋経伝闕疑』45巻

○浙江鮑士恭家蔵本

元の鄭玉の撰。玉の生涯は『元史』忠義伝に詳しい。本書の体裁は,経を綱領,伝をその小目としたものである。(*1)事柄の叙述には主として左氏伝を用い,公羊と穀梁を附録としている。立論に際しては,公羊と穀梁を先に用い,歴代諸学者の学説を参照している。経文に残欠があると思われる場合は,諸々の古籍を考究して補正を加え,伝に錯誤があると思われる場合は,経文に照らしてその誤謬を明らかにしている。概ね冷静に処置されており,聖人の心を得た部分が多い。他の著書に『師山集』があり,その中に『春秋闕疑』の刊行を王季温に依頼した書簡が残っている。(*2)捕らわれの中,死を決意しながら,なおも本書の刊行に気を揉んでいる。その生涯の精力を注いだものだったのだろう。(*3)

本書の序文には,「通常の事柄はそのまま〔経文に〕記すだけで,その意味するところは明白である。重大事は文を変えることで,ようやく主旨が明白になる。春秋には魯史の旧文と聖人の特筆とがある。一文字一文字の意味を追求するあまり,経書を酷吏の刑書の如く考えるのは間違いだが,だからといって一文字一文字には全く意味などなく,単なる史官の記録にすぎないと考えるのも間違いである」とあり,また「聖人の経文は,文字こそ簡略だが,その意味するところは奥深い。もとより浅学の身で理解し尽くせるものではない。そのために歳月久しくして益々残欠がひどくなったのである。それを想像に任せて勝手に補修してよいものだろうか。理解しがたいものを無理に解釈して,当世に譏りを受けるよりは,分からぬところは分からぬままにして,後世の知者に委ねた方がよい」とも言っている。これらの論述はどれも卓越した見識であり,深く経書解釈の要点を抑えたものである。そのため開巻劈頭の周正夏正の問題に対しては,道理明白であるにもかかわらず,心に疑念があるというので,決断を保留したままにしている。慎重の極みである。かつて程端学は『春秋本義』等の三書を著し,至正年間に朝廷で刊行され,久しくして議論は定まったと言われたが,人々は結局玉の本書を重んじた。(*4)玉は聖人の心を明らかにして世教に役立たせるべく書を著したのだが,端学は三伝を批判して名誉をかすめ取とるべく書を著した。――恐らくや両者の心の公私が全く別物だったからだろう。

玉,字は子美,歙県の人。元朝末期に翰林待制を授けられたが,病気を理由に辞退した。明の兵が徽州に入ったとき,守備隊長が降伏を強要したが,玉は屈することなく死節を守った。宋の呂大圭および同時代の李廉とともに,まことに大義を知った,春秋学徒としての名に恥じぬものと言えるだろう。明の瑛の『七修類稿』には,「玉は元朝の爵を受けなかったのだから,当然ながら明に仕えるべきだった。玉は生きるべくして死んだものと言うべきだ」(*5)と言っている。これは全くの間違いである。伯夷と叔斉は殷の爵を受けたことがあったのだろうか。瑛の放談などは,所謂「小人は議論を好んで,人の美点を成し遂げるのを喜ばぬ」というものである。

『四庫全書総目提要』巻28



(*1)書前提要には「至於朱子綱目體例,本仿春秋經傳而作,序乃謂以經為綱,以傳為目,仿朱子之體例,則所言不免倒置耳」とある。前提と結論がいつのまにか入れ替わるのはよくあることだが,さすがに四庫官は見逃さなかったというところだろう。
(*2)『師山集』遺文巻3の屬王季温刋春秋闕疑を指す。書簡の一つ。ちなみに四庫本の『師山集』は附録を削除しているので使い勝手が悪い。
(*3)以下,書前提要になし。以上は概ね同じだが,文字の異同は大きい。
(*4)何かふまえているようだが不詳。
(*5)著書は現存するようだが未見につき不詳。四庫全書では存目に落とされている。『七修類稿』提要の末尾に「書中極詆『説郛』『輟耕錄』,然此編實出此二書下,所謂人苦不自知也」と毒を吐いているのが笑える。

(*)誰の好みか知らないが,闕疑の総目提要は美辞に包まれている。書前提要にあった批判的発言まで削除している。闕疑は荘重な書物だが,道学関係者の発言を多く採用しているのが特徴で,ちょうど友人の趙汸が道学関係者の発言をほとんど無視しているのと好一対である。ちなみに闕疑は師氏の解釈を多く引いている。理由は分からないが,ほとんど他に伝わるところのない学説だけに,かつて輯佚したときには重宝した。

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

awatan

Author:awatan
HN:江藤清通
かつては春秋学・宋代史・南学(秦山関係)関係の記事を中心に書いていました。最近は開店休業状態で、数ヶ月おきに思いついたことを書いてます。

自営サイト
最近の記事
カテゴリー
リンク集
全記事表示

全ての記事を表示する

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。