スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四庫提要(春秋類3)061

追記(2009/03/15):以下の翻訳はこちらのページ(別館:公孫樹内)に訳し直しました。

趙汸『春秋左氏伝補注』10巻

○両江総督採進本

元の趙汸の撰。汸は黄沢の学説を遵守し,春秋の解釈には左氏伝を根本とし,注は杜預を宗旨とした。左氏に論及がない場合は,公羊と穀梁の二伝によって解釈を施し,杜預に論及のない場合は,陳傅良の『左伝章指』(*1)によって解釈を施した。本書は傅良の学説によって,〔杜預の〕『左伝集解』を補ったものである。

本書の主旨はこうである。――杜預は左氏伝に偏り,傅良は穀梁に偏っている。もし陳氏の長所を用いて杜氏の短所を補い,公羊と穀梁の正当を用いて左伝の不当を矯正するなら,相互に欠点を補い得るだろう。かくすれば春秋の筆削と義例は貫徹し,伝注に対する弁別も善を尽くし得るだろう。ならば杜氏の解釈の補正は,左氏伝に対する功績に止まらない。聖人の言外の論旨もまた明白にし得るだろう,と。これも春秋学者として公平な議論である。

また杜預の『釈例』は,孔穎達が疏(*2)に組み入れてからというもの,久しく単行本がない。『永楽大典』に見えるものも数少ない。ましてや陳傅良の『章指』は目にすること自体がまれである。汸は〔本書に『釈例』と『章指』を〕収めており,多少なりともその梗概を残している。これもまた古き学問を研究する者にとって,勇み取るべきものであろう。

『四庫全書総目提要』巻28



(*1)陳傅良の『左氏章指』については,同『春秋後傳』を参照。
(*2)孔穎達の『春秋正義』のこと。

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

awatan

Author:awatan
HN:江藤清通
かつては春秋学・宋代史・南学(秦山関係)関係の記事を中心に書いていました。最近は開店休業状態で、数ヶ月おきに思いついたことを書いてます。

自営サイト
最近の記事
カテゴリー
リンク集
全記事表示

全ての記事を表示する

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。