スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四庫提要(春秋関係02)

追記(2009/03/15):以下の翻訳はこちらのページ(別館:公孫樹内)に訳し直しました。

章沖『春秋左氏伝事類始末』5巻

○江蘇巡撫採進本

宋の章沖の撰。沖,字は茂深。章惇の孫である。淳煕年間に台州知事となった。妻は葉夢得の娘である。その夢得は春秋に造形があった。そのため沖も左氏伝の研究に心を砕き,〔春秋時代の〕諸国の記事を集め,年月ごとに配列し,さらに事件ごとにまとめた。そしてそれらの事件を体系的に組み立て,一体感のある書物に仕上げたのである。本文の前には沖の自序と謝諤の序文がある。

さて,沖と袁枢はともに孝宗時代に生きた人間である。その枢は『資治通鑑』に手を加えて紀事本末体を創建したが,それは各事件の筋道を付け,閲覧を簡便ならしめたものだった。〔枢の書物は〕淳煕丙申の歳に刊行された。沖の本書も枢と同じ体裁で〔いわゆる紀事本末体で〕ある。自序によると,淳煕乙巳の歳――枢の書物に後れること九年――に刊行された。ならば本書は枢のやり方をまねて作ったものであろうか。〔本書は〕大部の書物ではなく,枢の書物に比べると狭隘とも言えるが,学者に便益をもたらすことについては,両者ともにかわりはない。

ただ『通鑑』はもともと史書であるから,枢はその筋道を付けるだけでよかった。しかし春秋は経書である。属辞と比事によって聖人の教えが相互に誘発されるものである。また左氏伝は経文に先んじて事件を述べることもあれば,経文の後れて〔事件を述べることで〕その主旨を結ぶ場合もある。また一つ経文によって道理を明らかにすることもあれば,複数の経文を交えて〔経文と左氏伝との〕異同をまとめる場合もある。両者は互いに密接に絡み合いながらも,奥深いところでつながり合っているのである。しかし沖はただ〔左氏伝に載る〕類似の事件をまとめただけで,経書たる春秋を単なる史書と見なし,〔聖人の〕筆削についても全く触れていない。ならば古くは経部に名を連ねた書物ではあるが,〔その処置は〕正しくあるまい。この度は枢の書物とともに史部に分類した。その方が本書にふさわしいであろう。

『四庫全書総目提要』巻49(史部紀事本末類)



スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

awatan

Author:awatan
HN:江藤清通
かつては春秋学・宋代史・南学(秦山関係)関係の記事を中心に書いていました。最近は開店休業状態で、数ヶ月おきに思いついたことを書いてます。

自営サイト
最近の記事
カテゴリー
リンク集
全記事表示

全ての記事を表示する

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。