スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四庫提要(春秋存目・宋元07)

追記(2009/03/15):以下の翻訳はこちらのページ(別館:公孫樹内)に訳し直しました。

黄復祖『春秋経疑問対』2巻

○永楽大典本

元の黄復祖の撰。復祖,字は仲篪,廬陵の人。『元史』によると,仁宗の皇慶三年に科挙を再開したとき,漢人南人の第一場に於いては,明経経疑(*1)の二問を出して『大学』『論語』『孟子』『中庸』から出題し,また経義の一道を出題して各々一経を専攻させた。元統以後,少しく方式を変え,漢人南人の第一場の四書疑を変えて本経疑とした,とある(*2)。復祖の序文には「至正辛巳,科挙の歳に経疑の条例が復活した」(*3)とあるが,これは『元史』選挙志に見える方式変更を指してのことである。(*4)

本書は経伝中の「事柄は同じだが文字遣いが異なるもの」(*5)に対し,その常変を求め,その詳略を明らかにし,経によって伝を考え,伝によって経を考え(*6),かくすることで科挙受験者の疑問に応えようとするものである。これもまた属辞比事の伝統であろうが,本書は主として科挙合格のために作られたものである。そのため議論は多岐にわたるが,経文の主旨をくみ取ることには却って粗雑である。

『四庫全書総目提要』巻30



(*1)元朝の科挙は経義のほかに経疑を設けた。経義は経文の主旨を問うもの。経疑は出題者があからじめ経文を用いて疑問文を作り,受験者がそれに答えるというもの。『日知録』巻16(經義論策)太祖實録洪武三年八月条割注の「元制有四書疑・本經疑。洪武三年開科,以大學古之欲明明於天下者二節,孟子道在邇而求諸遠一節,合為一題,問二書所言平天下大指同異。此即宋時之法」を参照。
(*2)原文「易漢人南人第一場四書爲本經」。『元史』選挙志には「易漢南人第一場四書疑一道為本經疑」とある。
(*3)原文「至正辛巳大科載復有經義之條」。
(*4)正直に言うと,(1)経疑二問の「問」と経義一道の「道」の違い,(2)四書疑を本経疑に変えたという具体的内容,そして(3)「復有経義」がそれらと整合性があるのか,が分からない。随って,以上の部分は全般的に分からないということになる。私に分かるのは,本書は元統の科挙改革以後(序文に至正云々があるのだから当たり前だが)の産物であり,内容的には「経疑」という試験方法に即して作られたものであった,ということくらいである。
(*5)原文「經傳之事同辭異」。事同辭異は同じ事を別の表現で書くこと。春秋学の基本用語の一つ。通常は経文について言われる。
(*6)原文「求其常變,察其詳畧,以經覈傳,以傳考經」。四句の後半二句は経と伝を相補的に利用するという意味。第一句の具体的内容がよく分からない。訳文は文字を写すに止めた。
(*)本書は現存しない。

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

awatan

Author:awatan
HN:江藤清通
かつては春秋学・宋代史・南学(秦山関係)関係の記事を中心に書いていました。最近は開店休業状態で、数ヶ月おきに思いついたことを書いてます。

自営サイト
最近の記事
カテゴリー
リンク集
全記事表示

全ての記事を表示する

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。