スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四庫未収書(春秋類)04

追記(2009/03/15):以下の翻訳はこちらのページ(別館:公孫樹内)にまとめ直しました。

杜諤『春秋会義』

(A)『読書志』巻3(王先謙校補本)
『春秋会義』二十六巻
皇祐年間に進士の杜諤が『繁露』,『規過』,『膏肓』,先儒異同篇,『指掌』砕玉,『折衷』,『指掌』議,『纂例』,『辨疑』,『微旨』,『摘微』,『通例』,『胡氏論』,『箋義』,『総論』,『尊王発微』,『本旨』,『辨要』,『集義』,『索隠』,『新義』,『経社』といった三十余家の学説を一つにまとめたもので,最後に自己の論評を付している。本書の学説の全てが聖人の旨を得たものとは思われないが,しかし後学のものに〔本書に収められた〕古今の学説の異同を広く考えさせるならば,聖人の旨についても得るものがあろう。

(B)『書録解題』巻3(殿版)
『春秋会義』二十六巻
郷貢進士の江陽の杜諤献可の撰。本書は三伝および〔唐代の〕啖助・趙匡らの諸学者から〔宋代の〕孫氏〔復の『総論』『発微』〕や『経社要義』に至るまで,三十余家の学説を集めたもので,まま自己の意見を述べている。任貫の序文がある。嘉祐年間の人。



本書の性格は両書誌に指摘の通り,諸家の学説を経文の下に集めて自己の論断を加えたものである。北宋中頃に生きた学者の著書としては,かなり手広く学説を集めている。引用書目については,『読書志』『書録解題』ともに少しずつ情報が不足しており分かり難い。しかしこれについては論文(日本語)があるので省略する。要するに,本書は三伝注疏以来,唐の啖助らを経由し,北宋の孫復・王沿(箋義)・胡瑗(経社)らの学説を集めたもので,その直ぐあとに登場する劉敞・孫覚(経解)・蘇轍らの学説は含んでいない。ちなみに『読書志』は書目を列挙しているが,まま書名以外のもの(先儒異同篇など)を並列しているので困る。

現在のところ本書は2種類存在する。1つは12巻本で『永楽大典』から直接引き写したもの(を借りて写したもの),もう1つは26巻本で,12巻本をさらに補正して欠落部分(永楽大典本には必ず欠落がある)を増補したものである。下の写真は26巻本の本文冒頭部分(筆者所蔵)。

春秋会義

あまり利用されることのない書物だが,北宋中頃までの学説を手広く集めているので,専門的な研究には便利である。特に本書引用の学説のほとんどは原本が散佚しているので,事実上,それらの学説は本書を通してのみしか理解し得ない。

しかし南宋から元朝にかけて,本書の収録学説はあまり利用されなくなる。そのため宋から元,元から明へという重層的な流れで春秋学を理解したい人には,あまり意味のない書物といえるかも知れない。ただし元朝にもまれに本書の引用学説を見るので,そのときにはやはり必要となる。なかなか悩ましい書物だ。

ちなみに本書は『四庫全書』に収録予定だったらしいが,なぜか収録されなかった。本書は夷狄夷狄と叫んでもいないので,正目からはずされる理由もないし,だいいち存目にも言及がないとはどういうことであろうか。今のところ理由は定かでないが,一説には,単なる四庫官のミスではないかとも謂われる。まあ根拠がなくていいなら,なんとでも言えるわな。

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

awatan

Author:awatan
HN:江藤清通
かつては春秋学・宋代史・南学(秦山関係)関係の記事を中心に書いていました。最近は開店休業状態で、数ヶ月おきに思いついたことを書いてます。

自営サイト
最近の記事
カテゴリー
リンク集
全記事表示

全ての記事を表示する

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。