スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『春秋学入門』3-3

サイトの方に改訂版を公開しました。改訂済みの訳文は『春秋学綱要』と改題し、こちらサイト本館)にあります。なおブログ掲載の訳文は、煩瑣を避けるため、補注を削除しております。ご了承ください。
○最終更新日:2009/11/01

第三論文

(つづき)

〔特筆の大旨〕

私はむかし春秋の義について思いをめぐらしてみたところ、その大旨は次の三つだと思われた。第一は分義を明らかにすること、第二は名実を正すこと、第三は幾微を著(あき)らかにすること、これである(*9)。

分義を明らかにするとは何か。――月ごとに「正」〔校1〕を書き、正朔(*10)の出自を明らかにすること(*11)、周王の使者は下賤の者でも必ず諸侯の上に序列すること(*12)、これらは全て君臣のあるべき序列を示したものである。斉を内と見なして楚を外とし、晉を内と見なして呉を外とすること(*13)、始めは荊と書き、後に楚と書くこと、始めは呉と書き、後には子爵として書くこと、これらは全て夷狄と中華の区分を重んじたものである。陳黄や衛縶に対する書き方は、兄弟のあり方を明らかにしたものである。晉の申生や許の止に対する書き方は、父子の恩を明らかにしたものである〔補7〕。曹羈や鄭忽に対する書き方は、長幼の序を明らかにしたものである。成風や仲子に対する書き方は、嫡子と庶子との区別を明らかにしたものである。これらは全て分義を明らかにしたものである。

〔訳者注〕
(*9)分義・名実・幾微の内容は以下に論述される。「分義を明らかにする」は秩序を経文に示すこと、「名実を正す」は事柄の実態を正確に記述すること、「幾微を著らかにする」は曖昧な事柄を適切に記述することを意味する。
(*10)正朔は暦(こよみ)のこと。例えば「春王正月(春、王の正月)」と書くことで、魯は周王の暦を使用する、つまり周王の支配下にあることを明示したという意味。
(*11)この部分の解釈は難しい。原文は「毎月書正、以明正朔之所自出」であるが、そもそも毎月正(正月)があるはずはなく、正月のない年も多く存在する。しかし仮に程端学のように「正」を「王」としても、毎月王が書かれるわけではない。強いて読むならば、「毎年の春の正月には王が書かれている」ということになる。
(*12)春秋は爵位の順序で諸侯を列べるが、身分の低い者が会盟に参加する場合、「某人」と書いて爵位を持つ君主の後に配置する。しかし王人(周王の使者で身分の低い者)だけは例外的に諸侯の上に置かれる。例えば僖公8年の「春、王正月、公會王人・齊侯・宋公・衛侯・許男・曹伯・陳世子款、盟于洮」などがそうである。以下、前段までに既出の部分は注釈を省いた。
(*13)内外は春秋学で用いられる概念の一つ。いくつかの意味で用いられる。一般的には魯の国内と魯の国外という意味であるが、これを拡大させ、魯の陣営(内)と敵対陣営(外)、さらには魯の属する中華(内)とその外の夷狄(外)に分けるときもある。

総目次(ブログ)

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

awatan

Author:awatan
HN:江藤清通
かつては春秋学・宋代史・南学(秦山関係)関係の記事を中心に書いていました。最近は開店休業状態で、数ヶ月おきに思いついたことを書いてます。

自営サイト
最近の記事
カテゴリー
リンク集
全記事表示

全ての記事を表示する

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。