スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『春秋学入門』4-3

サイトの方に改訂版を公開しました。改訂済みの訳文は『春秋学綱要』と改題し、こちらサイト本館)にあります。なおブログ掲載の訳文は、煩瑣を避けるため、補注を削除しております。ご了承ください。
○最終更新日:2009/11/01

第四論文

(つづき)

〔春秋の世変〕

しかしこれだけではない。春秋一経を通観すれば、いわゆる隠桓荘閔の春秋があり、いわゆる僖文宣成の春秋があり、いわゆる襄昭定哀の春秋がある(*12)。

伯主〔斉の桓公〕が生まれる前、〔桓公は〕荘公十三年に北杏の地で諸侯と会し、二十七年に幽の地で同盟した(*13)。こうして天下の諸侯が一国の命令を承けるようになった。天下の諸侯が一国の命令を承けることは、いまだかつてなかったことである。僖公元年に斉は邢を移転させ、三年〔校1〕に衛に城を築き、四年に楚を伐ち、五年に世子に会し、九年に葵丘の地で会を行った(*14)。中夏の諸国を安撫し、夷狄を抑える力は、いつも伯主にあったのである。

伯主が生まれる前、諸侯には統ぶる者がおらず、天下の君大夫は、まだ王の存在を意識していた。だから隠桓時代の春秋は、各々〔校2〕王についての記述がある。しかし伯主が生まれてからは、諸侯に統ぶる者が生まれ、天下の君大夫は王の存在を忘れていった。だから僖文以後の春秋は、ほとんど王についての記述がないのである。

伯主が生まれたことは、確かに世道にとって一つの幸福だった。しかし王道の跡が潰えたことは、かえって世道の衰えではなかったか(*15)。僖公十七年に〔斉の桓公こと〕小白が卒した。小白が卒すと、楚は猛威を振るい始めた。中国に伯者なきこと十余年、僖公の二十八年に城濮の戦があった(*16)。こうして中国の伯権は、かつて斉の桓公にあったものが、今や転じて晉の文公に帰したのである。晉の襄公がこれを受け継ぎ、なお文公の伯業をよく守った。しかし〔襄公の後継者〕霊・成・景・の諸公は伯業を継ぐに不足があった。悼公は再び伯者となり、〔楚の側についていた〕鄭を〔中国に〕引き入れ、楚を従え、まだしも期待できるものがあった。しかしこれ以後、晉の伯業は振るわなかった。

襄公二十七年の宋の会に於いて、晉と楚に従う〔校3〕諸国が各々会見し、そして昭公元年の虢の会に於いて、再び〔宋の会での〕誓約を確認しあった。こうして晉と楚は対等になったのである(*17)。昭公四年、楚の霊王は申の地で大会(*18)を挙行したが、そのとき斉の桓公の「召陵の盟」の先例を用いた。ところが晉は中国に関与せぬこと十年、平丘の盟(昭13)で再び中夏の盟主になったとはいえ、晉が諸侯と会したのは、これ以後ただ鄢陵(*19)のみ。この後、ふたたび参盟(*20)が現れた。参盟が現れてから後は、盟を主宰する諸侯はいなくなった。

天下に伯者がいるのは、美事とは言えない。しかし天下に伯者がいないのは、些細なことではない。天下に伯者がいなくなり、春秋は終わる。だから隠桓荘閔の春秋を読むと、確かに王道の潰えを痛んではいる。しかし襄昭定哀の春秋を読むならば、伯業の衰亡に最も心を痛めているのである。以上はその重要なものを挙げたに過ぎない。

〔訳者注〕
(*12)陳傅良『春秋後伝』の説法をまねたもの。現在は樓鑰の序文に見える。
(*13)荘公13年の左氏経文に「十有三年、春、齊侯・宋人・陳人・蔡人・邾人會于北杏」とあり、つづく27年に「夏、六月、公會齊侯・宋公・陳侯・鄭伯同盟于幽」とある。
(*14)上から順番に経文を列挙すると、僖公元年の「夏六月、邢遷于夷儀」、同3年の「春王正月、城楚丘」、同4年の「四年、春、王正月、公會齊侯・宋公・陳侯・衞侯・鄭伯・許男・曹伯侵蔡。蔡潰、遂伐楚、次于陘」、同5年の「公及齊侯・宋公・陳侯・衞侯・鄭伯・許男・曹伯會王世子于首止」、同9年の「夏、公會宰周公・齊侯・宋子・衞侯・鄭伯・許男・曹伯于葵丘」。いずれも桓公が伯権を確立する過程の会盟討伐。
(*15)「伯者が現れ、夷狄から中国を守ったのは、世道にとって一つの幸福であった。しかしこれによって王道が途絶えたのは、かえって世道にとって不幸ではなかったか」という意味。
(*16)城濮の戦いは、晉の文公が楚の勢力を中国から退けた戦い。これ以後、晉の伯権が確立した。
(*17)宋の会で晉と楚に従う諸侯が各々会見を持ち、虢の会で再びそれを確認した。これにより晉と楚は各々諸国を従える対等の関係になった。したがって中華と夷狄が対等になったことを意味する。
(*18)楚が十ヶ国以上の諸侯を従えて会合をもったことを指す。
(*19)昭公4年の「召陵の会」の誤り。『或問』巻19会于召陵侵楚条に同趣旨の文が見える。
(*20)「参盟」は三国以上が参加する盟の意。ここでは伯主のいない三国以上の盟を指す。

総目次(ブログ)

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

awatan

Author:awatan
HN:江藤清通
かつては春秋学・宋代史・南学(秦山関係)関係の記事を中心に書いていました。最近は開店休業状態で、数ヶ月おきに思いついたことを書いてます。

自営サイト
最近の記事
カテゴリー
リンク集
全記事表示

全ての記事を表示する

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。