スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『春秋学入門』5-3

サイトの方に改訂版を公開しました。改訂済みの訳文は『春秋学綱要』と改題し、こちらサイト本館)にあります。なおブログ掲載の訳文は、煩瑣を避けるため、補注を削除しております。ご了承ください。
○最終更新日:2009/11/01

第五論文

(つづき)

〔公穀二伝の得失〕

公羊と穀梁の二氏は、もとより仲尼に経を受けた人々ではない。両書記載の事は、多く伝聞に基づいている。また国史を見なかったため、その事には誤謬が多い。記述された事に目を瞑り、その理を読み取るならば、確かに精確なところはある(*22)。しかし理に害のあるところも相当ある。これは正しき知識を求めようとする者(*23)が、よくよく弁えておく必要のあるところである。

公羊は隠公と桓公の貴賤に対して、「子は母の故に貴く、母は子の故に貴い」(*24)と言う。確かに「子は母の故に貴い」は正しい。しかし「母は子の故に貴い」は本当に正しいのだろうか。この言葉を広げて考えればどうなるだろうか。――正母の地位を窺う後世の妾母たちは、みなこの言葉を根拠としたのである。穀梁は世子の蒯聵に対して、「父の命を受けて祖父の命を辞退すれば、祖父を尊ばぬことになる。〔父の命を〕受けぬのは、祖父を尊んだのである」(*25)と発言する。確かに「祖父を尊ぶ」ことは正しい。しかし「父の命を受けぬ」ことは本当に正しいのだろうか。この言葉を推し広げればどうなるだろうか。――父子の争奪を啓いた後世の人々は、みなこの言葉に口を藉りたのである。

「晉の趙鞅 晉陽に入り以て叛く。趙鞅 晉に帰る」(定13)に対して、公羊と穀梁は「経に『帰る』と書くのは何故か。地でもって国を正したからである」と言う。このため後世の臣子の中には、領地で叛乱を起こしながら、「君側の小人を排斥する」と発言するものが現れた〔補2〕。「公子結 〔陳人の〕婦に〔鄄に〕媵し、遂に〔斉侯・宋公と〕盟す」(荘19)に対して、公羊は「大夫たるもの君から命は受けるが、辞は受けない。国境を出た場合、社稷を安んじ、国家に利をもたらし得るならば、独断してもよい」と言う。このため後世の人臣の中には、異国の地で事を起こしながら〔校1〕、「社稷を安んじ、国家に利をもたらすのだ」と発言し、独断専行するものが現れた〔補3〕。祭仲が〔宋に〕執えられ、鄭忽が出国することになったのは、祭仲に罪がある。ところが公羊は「反経の権に合している」と言う。このため後世あたかも囲碁を打つかの如く、君主を廃置するものが現れた〔補4〕。

聖人が経を作ったのは、理を明らかにするためである。ところが伝を作った人々は道理が分からず、勝手な発言をし、このため是非が顛倒し、義理の弁別が失われた。その行き着くところ、下の者が上の者のまねごとをし、卑しき者が尊き者を凌ぎ、父と子が対等となり、兄弟が仇敵の関係に陥った。大臣〔校2〕でありながら、兵を国都に向け、国外に出ては独断専行を行った。かくして国家は姓を易えた(*26)。ところが大臣たるもの、かえってみずから徳を称えて恥じぬ有様である。君としては武帝(*27)の如き、臣としては雋不疑(*28)の如き、いずれも春秋をもって国論を定めると言いながら、その非を悟らなかった。

以上はとりわけ害のあるものだが、これらはすべて事の実を見誤ったことによるのである。だからこう言うのだ。――結局のところ三伝は事の実を見誤っているのだが、公羊伝以上に過失の多いものはない。そして何休・范・杜預の三家は各々自説を唱えたが、何休以上に過失の多いものはない、と。

〔訳者注〕
(*22)第五論文冒頭の「公穀二伝は理に深い」を承けて言ったもの。
(*23)朱子学の用語。「知(知識)を致(極)める」こと。
(*24)隠公元年の公羊伝に見える。正妻の子は貴いが、妾の子は卑しい。したがって妾の子がたとえ君主になっても、母(先君の妾)は妾のままである。しかし公羊伝のように「母は子の故に貴い」ことを認めれば、庶子が君主になった場合、その母(庶母)を先君の正妻と認めることができる。これは儒学の倫理観に悖る。この公羊学説は宋代によく批判の対象となった。
(*25)哀公二年の穀梁伝に見える。蒯聵は衛霊公の子で、父の霊公に国外追放された。その霊公の死後、蒯聵の子の輒が後を継いだ。このため蒯聵は衛の君主になるべく帰国したが、息子の輒に拒まれた。穀梁伝の「父」は蒯聵を、「祖父」は霊公を指す。
(*26)易姓革命のこと。
(*27)前漢の武帝。
(*28)雋不疑は儒学をもって名を知られた前漢の政治家。『漢書』巻41に伝あり。呂大圭の批判は、次の発言に向けられたものであろう。昭帝の時代、衛太子(武帝に廃された皇太子)を名乗る人物が現れた。朝廷の大臣はその処遇に迷ったが、不疑は前出の蒯聵に対する公羊学説を支持した。

総目次(ブログ)

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

awatan

Author:awatan
HN:江藤清通
かつては春秋学・宋代史・南学(秦山関係)関係の記事を中心に書いていました。最近は開店休業状態で、数ヶ月おきに思いついたことを書いてます。

自営サイト
最近の記事
カテゴリー
リンク集
全記事表示

全ての記事を表示する

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。