スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

谷真潮の春秋論(1)

(追記:2010/02/06)
南学・秦山・崎門関係の記事はサイトの方に改訂整理しました。以下は拍手をいただいた記念に残しておきますが、間違いは訂正していません。
(以上、追記終わり)

谷真潮の『北渓集』に「春秋」という一篇があった。日本の研究は紹介しない,というのが本ブログの基本方針だが(なんどか破ったが),真潮は江戸時代の人なので紹介しても問題ないだろう。以下は谷真潮「春秋」の書き下しと若干の校注である。原文は『土佐國群書類従』第10巻本文に即いて見られたい。書き下し文の中,(*)数字は原文の校訂および内容上の補注を意味する。なお底本の返り点および句読には従わず,随時私見をもって改めた。『土佐國群書類従』第10巻は高知県立図書館で販売中だそうです。

或ひと問ふ,春秋は何の為に作れるか。

曰く,聖人 世の衰乱を傷みて作るなり。而して其の傷むこと最も魯に在り。魯は隠公 弑せられ,桓公 立つより,三家は漸く基を創り,年を逐ふごとに彊大となり,公室は年を逐ふごとに卑微となる。孔子の時に至りて,其の衰 極まれり。孔子 天縦の聖を以て周公の典を講明し,其の初めは諸を一国に行ひ,兼ねて天下を正さんと欲す。其の魯に相たるに及び,教化 大いに行はる。三都を堕ち,甲兵を収め,将に漸く三家の権を収め,而して公室を張らんとす。而るに機縁 熟さず,遂行に事無く,四方十有三国を周游して遇わず,晩に及び魯に帰れば,事勢益々去り,着手すべき者無く,徒に大夫の後に従ひ,日暮 道窮まり,志も亦た熸べり。故に曰く「甚だしいかな,吾の衰えたるや。久しいかな,我れ復た夢に周公を見ず」と。蓋し魯は衰弊すと雖も,周公の規画 猶存す。聖人を得て因て以て政を行はば(*1),則ち当に一変して道に至り,兼ねて以て天下を正すべき者,定算在る有り。而るに三家根蟠し,着手すべからざるに終わるなり。是に於いて魯史に因り隠公より下二百四十二年の事を叙し,以て感慨を寓す。夫れ周道 衰へて王は王たらず,三家 矯僭して公は公たらず。之を列国に観るも,亦た皆な彼の如くにして,文武の道 已む。其れ時事に感慨すること,豈に窮まること有らんや。其の筆削の若き,蓋し亦た三家の矯僭より,策書の載する所の事 多く旧章に違へば,聖人 其れ之を正すのみ。故に曰く「我を知る者は其れ惟だ春秋か。我を罪する者も其れ惟だ春秋か」と。蓋し言ふこころは,賢人君子 聖人の心を知る所以の者 斯に於いてし,三家が輩 聖人を罪する所以の者も斯に於いてすればなり。其れ此の如ければ,則ち孔門諸子の知る者は言はず,言ふ者は知らずして教ふ。後世 紛々の説を致す者,亦た宜(うべ)ならざらんや。

然らば則ち春王正月,義に於いて如何。

曰く,王は周王なり。周人は建子を以て歳首と為す。今の十二月(*2)は是なり。王者 命を革むれば,前代を損益し,以て一代の典を立つ。故に夏・商・周・秦,正朔は因らず。而して夏正は惟だ時と月と応じ,而して天時 正しく,人事 順なり。是を以て商・周の世,民間 猶夏正を用ふるを禁ずる能はず,遂に時王の正と並び行ふ。故に春秋 書すに王正月を以てする者は,夏正に別つなり。蓋し旧史 然り。

曰く,何を以て果たして周正たるを知る。

曰く,春秋の伝注三伝,尤も古し。作る者,皆な周末の人にして明解して周正建子の月と為さざる者は,蓋し当時に在りて疑ひ無ければなり。其れ左氏の若き,「春王周の正月」と謂ふなり。公羊氏は「王は文王を謂ふ」と謂ふ者は,皆な王の字の為に発するのみ。而して亦た周 別に正月有り,而して前代と同じからざるを見せり。孔安国曰く,「古より皆な建寅を以て正と為す。唯だ殷 夏の命を革めて建丑を用ひ,周は殷の命を革めて建子を用ふ」(*3)と。是れ蓋し受くる所有りと云ふ。他の孔氏が疏の「月 改むれば則ち春移る」(*4)と云ふ者,詳らかと為す。而して三統の説も亦た或いは本づく所有り。宋の程子に至りて曰く「春正月,春に非ざるなり。天時に仮り以て義を立つるのみ」と。而して胡氏も亦た謂ふ,「夫子 夏時を以て周月に冠すなり」と。朱子 之を議して謂ふ,「胡氏の説の若ければ,月と時事と常に両月を差ふ。恐らくは聖人の作経,又 是の若く紛更ならざるなり」と。然れども其の自ら説を為すに及びては,亦た皆な疑辞を為すのみにして,敢えては之を明断せず。是れより後,儒者 往々にして之を論じ,互いに経史を引きて証と為し,率ね合するに架説を以てし,左支(*5)右梧し,紛糾して決せず。引いて皇朝近世の渋川春海に及びては,授時食算の法を以て春秋に有る所の日食を推して暦を作述す。其の食 往々にして建子の月に合す。而して又 左氏に「僖公の春王正月辛丑朔,日 南至す」と曰ふこと,漢志に「魯の成公十二年正月庚寅朔且(*6)冬至」と曰ふを挙げ,以て〔証〕(*7)と為す。明白簡当,千古の疑を断ずべきなり。且つ其れ「聖人 周正を改め夏時を用ふ」と謂ふ者,理に於いて決して然らざる者有るなり。其れ春秋は魯の春秋なるのみ。魯は周公の国にして,周の礼 尽く魯に在り。孔子 大聖と雖も,時に魯の大夫と為る。魯の大夫として魯の春秋を修め,而して周正を改めて夏正を用ふ。之を礼義に度り,之を事体に参じ,之を書体に考ふるも,一として可なる者無きなり。其れ聖人なる者は礼義の宗なり。礼義は分を慎むに在り。故に季子 八佾を舞ひ,三家 雍を用て徹せしとき,聖人 之を痛譏す。而るに反て一書を作り,時王の正なる者を改む。其れ是れ何の謂ぞや。大抵 春秋 聖人の晩年に成るを以て,諸儒 之を見て以為へらく,聖〔人〕(*8) 経天緯地,高大精微の旨,此の書に在り,と。而るに其の書 唯だ事を紀すのみにして理義の言ふべき無く,又 旧史 亡び,筆削の跡 見るべからざるを以て,乃ち穿鑿して以て其の義を求め,傍らに経史を取りて之に附会し,鍛錬して以て其の説を成す。所謂一字褒誅なる者,微を探り隠を鉤(さぐ)り,弁詰深刻,人をして解脱すべからざらしむる〔者〕(*9)なり。大類ね後世 法吏の舞文,罪囚を死生する者の為す所,是れ豈に(*10)聖人公平正大 為さざること甚だしの心胸の写し出す所の事ならんや(*11)。又豈に乱臣賊子の能く其の義の懼るる所を覚らんや。今や聖人を去ること二千年,而るに伝注の説を廃し,聖人の微意の在る所を言ひ,人豈に之を信ぜんや。然りと雖も,朱子 嘗て言ふ,「春秋は只だ当時の事を載せ,治乱興廃を見さんと要するのみ。一字の上に於いて褒貶を定むるに非ず。」「疑ごうらくは,聖心の正大(*12),決して伝註の穿鑿に類せず」と。則ち今 言ふ所の者,豈に尽く然らざずと言はんや(*13)。縦し或いは然らずと云へば,亦た各々見る所有るなり。


(*1)「聖人 因て以て政を行を得れば」とも訓める。
(*2)山内本は「十一月」に作る。当に山内本に従ふべし。
(*3)『春秋正義』隠公経元年疏引。
(*4)同上。
(*5)山内本は「左枝」に作る。
(*6)山内本 は「旦」に作る。『漢書』律暦志(世経)に拠り,旦に作るを是とす。
(*7)山内本に拠り証の字を補ふ。
(*8)山内本に拠り人の字を補ふ。
(*9)山内本に拠り者の字を補ふ。
(*10)山内本に拠り豈の字を補ふ。
(*11)原文は「是聖人公平正大不為甚矣之心胸所写出之事乎哉」に作る。山内本は是の下に豈の字あり。義は同じ。訓み難いが,通常は「是聖人公平正大不為甚」で切れる。ただ下に「之」があるので,原文に錯誤が無ければ,「是『聖人公平正大不為甚矣』之心胸所写出之事乎哉」となる。聖人公平正大不為と類似の表現が程端学の『春秋或問』に見えるが,谷真潮が何をふまえて発言したかは不詳。
(*12)原文は聖心人之正大に作る。山内本は人の字なし。朱子行状に拠り,人の字を削る。
(*13)山内本に拠り哉の字を補ふ。

引き続き真潮「春秋」の特徴を書くつもりだったが,長くなったので次回に持ち越す。

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

awatan

Author:awatan
HN:江藤清通
かつては春秋学・宋代史・南学(秦山関係)関係の記事を中心に書いていました。最近は開店休業状態で、数ヶ月おきに思いついたことを書いてます。

自営サイト
最近の記事
カテゴリー
リンク集
全記事表示

全ての記事を表示する

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。