スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四コマとか知見とか

いろいろあってこの週末はゆっくりできる。久しぶりのことなので春秋学のあれこれでも書こうかと思ったが,やはりやめた。やりだすとかなり時間がかかるし,苦労する割に評判がよくないので。ということで最近気づいたことども。

私は何度か住所を変えているが,いま住んでいる場所にラーメン屋があまりないような気がしていた。そこで試しにネットで住所近辺のラーメン屋を調べたところ,あるにはあるが目立った店がないという風評が広まっているらしかった。でも2~3の有名店はあるらしく,評判もそこそこだった。

で,さっそくその住所を調べて見たところ,ちょっとびっくりする店が1つあった(ちなみに他の1つは廃店,もう1つはチェーン店)。

店の名前は出せないが,あそこのラーメン屋は開店してしばらく後に友人と2人で行ったのだ。そのときは2人して同じものを注文したのに,2人とも麺の硬さが違って苦笑い。それから数年後,別の友人と2人で行って,そのときは不衛生な印象を受けて苦笑い。という感じの店だった。あれから何年かするから,もしかしたら改善したのかも知れないけど,あの店が評判だとはちょっと驚いた。............人の好みはいろいろだけど,まさかあそこがねぇ。

話変わって,いまさらながら今月の『ジャンボ』(四コマ誌)。

同誌には後藤羽矢子氏の『コミカプ』が連載されている。幼なじみの男女が漫画家を目指すという,今風の設定を合わせたような内容の四コマなのだが,それはともかく,先月号の最後で,スタートダッシュでアニメ化までこぎ着けた男の子の連載が終了するという(衝撃の)展開があった。で,今月号。連載終了の原因は,不人気な話を出して云々ということだったらしい。まあ,それはいい。しかしその不人気シリーズの名はなんと「異界編」だった。

異界編......私はこの名を聞くとこれしか思いつかない。異界編で不人気に。もう知らない人の方が多いかも知れないけど(終わった途端,文庫本が発売されたのには笑った)。

ちなみに『ジャンボ』というと,以前酷評した田川氏の『ひかるファンファーレ』が載っている。酷評した手前,毎月拝読して「研究」しているのだが,最近は絵もますます読みやすく,表情や仕草にもわざとらしさが消えていったように感じる。ただ,あまりにシナリオの教科書通りの展開にちょっと残念な気持ちが抑えきれない。でも結衣の自称ライバル・亮子が活躍(?)する話しは結構好きだなあ。ああいうさわやかで嫌味な性格で,しかも失敗する人間には,ひどく親近感を感じる。第2巻が発売されたら買いますので(生きていたらだけど)。

もう一つ,久しぶりに『きらら』を読んだ。こちらのブログを見て,「マイヨ」というキャラが気になっていたのだ。この「マイヨ」氏,残念ながら今月号ではあまり活躍しなかったが,これ異識氏の『あっちこっち』だったのね。たしかにブログにもそう書いてあるが,キャラ名だけが私の頭に残っていたらしい。

『きらら』は『ちるみさん』が連載されていたころ講読していたが,それが『スペシャル』に移動したので,私もそちらに移動してしまった。たしか『ちるみさん』連載の最後の頃に『あっちこっち』が始まり,連載開始当時から人気があったように記憶する。が,私は『ちるみさん』の移籍だのなんだので気を取られており,ほとんど記憶に残っていない。でも当時は「異識」ではなく「魔王陛下」とかいうペンネームだったような気がするが,どうだったかな?

最後に。これも漫画の話しで恐縮だが,おおむかし私がゲームの四コマやら何やらが好きだった頃,都波みなとという人のものをよく読んでいた。上から読んでも下から読んでもというペンネームで,それ自体にセンスを感じていたが,ゲーム四コマで活躍した幾人かが一般紙の四コマで活躍する中,一押しだった都波さんの名がついぞ見えなかったのには惜しい気がしていた。

時も流れ興味も移り,ゲームもせず,従ってそれ系の四コマも久しく読まなくなった去年。友人と本屋に行ったとき,その友人が都波さんの四コマが掲載されていることを教えてくれた。全く知らないゲームの四コマだったので,内容こそよく分からなかったが,都波さんの健在振りを知り得ただけでなにやら嬉しくなった。

で,その都波さん。サイトを運営されていたらしい。何年か前に何度か調べたのだが,そのときは見あたらなかった。だからサイトは運営しない人なのかと勝手に思っていたが,そうでもなかったのね。

いちど都波さんの四コマを集めて本にしてくれないかな,という無謀なことを考えつつ,まだまだご健在の都波さんに妙な感謝と感動の気持ちが生まれた。

以上。

そうそう『秦山先生手簡』に掲載されている谷秦山と三宅尚斎との論争だけど(儒学止めたらのアレ),この1番目の尚斎の書簡が残っていたことを知った。ということで,さっそく秦山の引用する尚斎の文字と比較したところ,秦山は尚斎書簡のほぼ全文を引用していた。考えてみれば重要部分を全部抜き出すのは当たり前だよね。

スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

私もやっときららをチェックしてみましたが、確かにマヨイ今回はあまり出てませんでしたね 普段はオチキャラで血吐いたりしてるんですが(ぉ

「からめるマフィン」もまひろは最後の方にちゃちゃっと出たくらいでした^^;

最近いろいろ忙しくて「ただいま勉強中」の2巻も読めていないような状況です^^;
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

awatan

Author:awatan
HN:江藤清通
かつては春秋学・宋代史・南学(秦山関係)関係の記事を中心に書いていました。最近は開店休業状態で、数ヶ月おきに思いついたことを書いてます。

自営サイト
最近の記事
カテゴリー
リンク集
全記事表示

全ての記事を表示する

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。