スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『かなめも』第3話

第3話目にしてこれか......第1話と第2話はうまく原作をまとめていたが、改変して話しに矛盾を生んでどうするんだ。

*以下、ネタバレあり。

原作は四コマだから、アニメ化にともなってある程度の改変はやむを得ない。複数の話しを一つにまとめたり、四コマならではの矛盾を解消したりと、アニメ化することでより面白くなることは当然ありうる。しかし、四コマに矛盾がないのに、無理に矛盾を作ったり、勝手にオリジナルを加えて話しを壊したり、というのでは本末転倒だろう。

(1)名前なあに?
かなが始めて美華の名前を知る一幕、原作にも少し無理があるのだが、さらに矛盾を深めてどうするんだ。

この話、原作では、教室でかなと美華が接触、かなは美華が転向してきたことを知る。美華は第2話でかなの名前なども知っており、親しげなのだが、かなは美華の名前を知らないので、「名前なあに?」と訪ねて美華の怒りを買う。ついで先生による美華の自己紹介→ツンデレという流れになる。

確かに普通は、先生による自己紹介→転校生の教室定着となるだろうから、アニメでは原作の順序を変えて、先生の自己紹介→美華の登場→かなと美華の会話→「名前なあに?」となっている。

でもねえ、担任から「転校生の久寺院美華さんだ」と紹介された直後、「名前なあに?」とはならんだろう。これではかなが単なる残念な子になってしまう。

ちなみに原作では、美華の自己紹介に少し小ネタが入る。かなを健全のままにしておきたいのか、残念ながらカットされていた。

(2)かなの笑顔
やはりかなの笑顔は登場しなかったが、これは原作でも同じ。しかし絵が登場しないからか、原作では一発ネタ的に使われており、かなは笑顔のかわりに「泣き落とし」の特技をマスターする。

第3話全体をかなの笑顔で引っ張るのはどうかと思うが、まあそれはともかく、かなの笑顔で全部持って行くなら、みなが恐怖するかなの笑顔を出してもらいたい。それに、かなの笑顔で美華の新聞勧誘活動を邪魔するのは、ちょっとひどくないか?かなに対して。

2009/07/22(追記):
さきほど『まんがタイムきららMAX』9月号(2009年7月18日発売)を読んだら、かなの笑顔が描かれていた。気になる人は雑誌で確認されたし。

(3)勧誘活動および火事
新聞勧誘の話しはアニメオリジナルだが、骨格は原作の集金活動をもとにしているようだった。ちなみに原作の集金活動はかなの笑顔と無関係。

アニメでは、代理の策謀で、ライバル店の勧誘活動を阻止するため、かな(+恐怖の笑顔)と美華は二人つれなって新聞の勧誘活動を行う。案の定、かなの笑顔に恐怖した住人のため、勧誘はことごとく失敗する。と、あるアパートを訪ねたさい、居留守を決め込む住人がいた。なぜか業を煮やした美華は「火事だ!」と叫んで住人に扉を開けさせようとする。

おかしいだろう?

なんで勧誘活動でむりやり扉を開けさせねばならんのだ。この話、原作では勧誘活動ではなく、集金活動になっている。代金を滞納している家なので、美華は「火事だ!」と叫んで、むりやりでも滞納者を外に引っ張り出そうとして、かえって大騒ぎ、という落ちなのだ。

集金なら無理に滞納者を引っ張り出す意味が出て来るが、勧誘ではねえ、美華のツンデレだけで話しを強引に進めるのはちょっと無理がないかい?

そうそう、第2話のときもそうだったが、原作のかなの黒いセリフは削除されていた。「火事だ!」直前のかなの黒いセリフは、作品全体を通してかなの性格付けに重要だと思うんだが、そんなにかなを良い子にしたいのかねえ。

総じて今回はオリジナルネタで水増ししたせいか、密度が薄かったように思う。次回は水着の回か。ほぼ完全にアニメオリジナルだな。期待薄......いや、『かなめも』を成功させるべく、次回は頑張って欲しい。

スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

かなめも 第3話 「はじめての、スマイル」

今回は各腸に励むお話。 新聞の勧誘って拡張なんですね。 代理の拡張スマイルは素晴らしい天使の笑顔で騙しまくり。 末恐ろしいお子様で...

かなめも 第3話「はじめての、スマイル」

「練習じゃ、笑顔の練習をすれば良いのじゃ!」 かなが美華を相手に、営業スマイルの練習をする話。 今回は単行本でいう所の、25・28・105...

かなめも 第3話「はじめての、スマイル」

代理表裏ありすぎwww ちゃんと小学生してるかと思ったらネコかぶりまくり、 販路拡張のためには手段を選ばない黒さ(^_^;) 販売所メンバーにはまた全然違う顔で接してるし、 末恐ろしいツインテール娘\(゜□゜)/ 「拡張」→新聞販路拡張→要は新規顧客の勧誘...

(アニメ感想) かなめも 第3話 「はじめての、スマイル」

かなめも (1) (まんがタイムKRコミックス)クチコミを見る 夏休みの登校日。風新新聞専売場からの初登校に、かなは感慨深げな様子。新しい生活にも慣れてきた・・・・・・と思ったら、今度はクラスに転入生が。でも、なんだか見覚えがあるような? それもそのはず、転入?...

かなめも 第3話 『はじめての、スマイル』 感想

  今日は、夏休みの登校日の日。   ちゅうか、夏休みだったのね。今!!  かなと咲妃は、久々の登校だ。    祖母を亡くして初めて学校に行くかなに、友達は、何でも言ってと優しいようです。  でも、新聞屋さんで働いている事は知っ...

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

awatan

Author:awatan
HN:江藤清通
かつては春秋学・宋代史・南学(秦山関係)関係の記事を中心に書いていました。最近は開店休業状態で、数ヶ月おきに思いついたことを書いてます。

自営サイト
最近の記事
カテゴリー
リンク集
全記事表示

全ての記事を表示する

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。