スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

谷真潮「武庚三監論」

(追記:2010/02/06)
南学・秦山・崎門関係の記事はサイトの方に改訂整理しました。以下は拍手をいただいた記念に残しておきますが、間違いは訂正していません。
(以上、追記終わり)

諸般の事情でいきなり平日が休日になってしまった。むだに過ごすのももったいないと思いつつ、しかし突然のことでもあり、また手許に有意義に過ごすための材料が全くないとあっては仕方がない、少しつまらない記事でも書いてみようということになった。

以下、谷真潮の「武庚三監論」。真潮の『北渓集』はざっと(あくまでもざっと)書き下しにしてみたが、最近になってなぜかこれで検索する人がいるので、記事にしてみることにした。もし感想などがあればお寄せください。あわせて間違いも。

凡例
・区切りの入るところで、句読点を加えにくい場合は、空白(htmlなので半角は難しく、全角にした)をあけた。
・底本は新版『土佐国群書類従』。ただし底本の訓点には従わなかった。
・最後に短評を付したが、これは言うまでもなく私の文字。
・( )は底本の文字、〔 〕は底本の校訂文字(山内本による)を指す。

殷周の際,紀事 周人に成る(*1)。故を以て属文行辞(*2),勝国の華を略す(*3)。当世の抑揚襃貶(*4),名実 或いは違えり(*5)。

伝に曰く,「武庚 乱を起こし,三監 叛す」と(*6)。豈に其れ然らんや。夫れ武庚なる者は,商王の胤子。而して武王 既に其の父を殺せば,則ち武庚は周に於いて与に天を戴くべからざる者にして,万世と雖も之に讐を復すべきものなり。舜の文明すら(*7),父母の頑囂を知らず(*8)。武庚 豈に其の父の不道にして,之を伐つ者 聖たり仁たるを知らんや。後来の挙兵,実に恢復の大義 称すべき者にして,三監の武庚に於ける,忠の至り,義の尽くる者なり。

五常百行,孰れか倫理ならざらん(*9)。而るも其の最も重き者,止だ忠孝の二のみ(*10)。而して忠義の在る所,時に其の親に違うべきなり(*11)。三監は是に於いて亦た撰ぶ所を知るか。始め(*12)宗族の殷を伐つに当たり,史書 未だ嘗て其の名を列せず。中に武庚の立つに及び,既に以て自ら監と為る。其の縋惓惻怛,始めより一日として殷氏を存せざる無し。而して終に武庚の挙兵あり,慨然として随う。戈を取り前駆すること,固より偶然〔ならざるを知る〕べきなり。若夫れ流言以て周公を間(へだ)つ者に至りては(*13),用兵の機,宜しく已むを得ざるに処すべき者,大義に病む所に非ざるなり。

朱子曰く,「泰伯 伯夷と心 同じくして,事の処し難きこと甚だしき者有り。泰伯の父子に処すの際,形跡に露るべからず,只だ不分不明を得て且つ去る」(*14)と。予も亦た謂えらく,三監と泰伯と心 同じくも,而るも時勢の逼る,去るに足らず,而して以て形跡を隠し,本心を全うし,只だ進みて宗子に違い,王家に勤むるを得るなり。

嗟乎,武王・周公,才の大,八百歳の業を開く(*15)。周人是を以て聖と為し仁と為し,武庚・三監を以て叛と為し乱と為す。私言 固より当然にして,因襲すること久し(*16)。漢より以来,縉紳鉅儒(*17),習いて(寮)〔察〕せず(*18),遂に武王・周公の殷を伐つは権なり道なりと謂う(*19)。武庚・三監,乱を為し謀叛し,周公之を伐ち,(孑遺)〔孑を遺す〕無し。是非 相反し,順逆 処を更(か)う(*20)。又 嘆ずべけんや。


(*1)歴史書が周の人の手で作られたの意。
(*2)文章のこと。
(*3)略:略説の謂か。戦勝国の華美を概説したの意。
(*4)毀誉褒貶。
(*5)名前と実態が乖離している。儒学によくある正名思想の一つ。
(*6)通常は『尚書』大誥の書序を指すが、全くの同じ言葉は見あたらない。なお三監は殷の紂王の子供(武庚)を封じた武王が、じぶんの弟たちに監督させたもの。
(*7)以下、舜の伝説を踏まえる。文明は『尚書』舜典冒頭の言葉(濬哲文明,溫恭允塞,玄升聞)。
(*8)これも舜の伝説。馬鹿な親と愚かな弟を身内にもった舜だったが、その孝悌の心から、事なきを得たという話し。書くと長くなるので、とりあえず『史記』の本紀でも読んでください。『尚書』舜典でもかまわないが。
(*9)五常は五常の徳を指す。百行は孝に関係する徳行。ここでは広く人間の踏み行うべき諸々の徳を指すと思われる。五常百行など、人が守るべき徳目は数多くあるが(最も大事なものは忠と孝である)の意。この議論は秦山が野中継善に与えた書簡に見える。
(*10)江戸の学者によく見えるが、真潮の場合は秦山以来の学統だろうか。
(*11)この辺り、いかにも真潮(というか南学)らしい発言だと思う。
(*12)言うまでもないが、「始め」「中に」「而して終に」という三段で論を組んでいる。
(*13)三監が叛乱を起こしたとき、既に武王は死んでおり、その子の成王が位につき、周公が摂政になっていた。伝説によると、三監は周公が叛乱を起こそうとしているとデマを流したとされる。『史記』周本紀、ならびに『尚書』金縢をお読みください。
(*14)『朱子語類』巻35(論語、泰伯其可謂至徳章)の弟子の質問の中に見える言葉だが、直接的には『論語』泰伯其可謂至徳章(泰伯篇の冒頭)の朱子の注を指している。
(*15)武王・周公がかの華々しい周王朝を開いた、の意。
(*16)あの武王・周公なのだから、二人を褒めちぎり、二人に叛した三監をぼろくそに貶すのも当然、それが後世に広まった、の意。
(*17)世の博学著名な学者達。
(*18)(武王・周公を褒め、三監を叛とする)間違った考えに因襲して、物事の本質を明察できず、の意。
(*19)権は仮(かり)のこと。事の便宜に出て、しかも道の当然に帰するもの。方便で動いて、正しい結果をもたらすような行い。基本概念なので説明が難しい。
(*20)是と順(三監が殷に従ったこと)、非と逆(武王・周公が殷に刃向かったこと)、が顛倒してしまっている、の意。更は変更の更。変えるの意。要するに、真潮は、君臣の忠を守った三監は立派だが、武王・周公(かれらは聖人だが)はけしからんと言っている。

以上。いかにも真潮らしい議論だった。この手の議論が神儒兼学によく見えるものかどうかは、寡聞にしてよう知らないが、少なくとも秦山以来の家学があれば、この種の議論は可能だろう。真潮の日中比較は、公平とは言い難く、あきらかに日本贔屓だが、当時の日本の学界情況の中でこれを見れば、逆に中国贔屓を補正する役割もあったのかもしれない。

まあ公平な人間などいままでかつて存在しなかったし、現在においてもそうなのだから、思い切って真潮が日本贔屓に走ったのは、これはこれで気持ちいい。ただ秦山には世の風潮に反して、あえて日本贔屓をしている風もあるが、はたして真潮はどうなんだろうか。もうすこし真潮の議論を深く調べる必要があるが、それにはいろいろと前作業が必要なので、今は結論を出せない。真潮を研究するになにが足らないか、というのは、また次回にでも書くことにする。

お終い。間違いがあればご連絡ください。助かります。

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

awatan

Author:awatan
HN:江藤清通
かつては春秋学・宋代史・南学(秦山関係)関係の記事を中心に書いていました。最近は開店休業状態で、数ヶ月おきに思いついたことを書いてます。

自営サイト
最近の記事
カテゴリー
リンク集
全記事表示

全ての記事を表示する

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。