スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『かなめも』第6話:はじめての、恐い話

話しは切れているものの、前回の続き。

台風の合間をぬって銭湯に出かけた販売所職員のみんな。帰りに台風の直撃をくらい、びしょ濡れで(美華ともども)販売所に戻ってはみたものの、こんどは停電で真っ暗に。暗闇におびえるかなをみて、なんとなく怪談話に......。ちらちらいい話しを混ぜつつ、最後はやっぱりお約束の「いい話」で終わった。原作の怪談話を用いつつも、ほぼアニメオリジナル。

今回はあまり山場のない展開だったが、たぶんテーマとしては、かながみんなに愛されていることを再確認する、といったところではないかと思う。物語冒頭、かなはクラスメイトに避けられたと思い少し沈むも、販売所のみなさんに慰められ、停電でこわがると、どけちな代理がろうそくをたくさん出してくれ、最後にはクラスメイトの件が誤解だと分かり、かなの気持ちは晴れ晴れする、という流れ。よくある展開のはずなんだが、へんにひねくれた展開の多い昨今、正直すぎてかえって新鮮な気がした。

それはそうと、この物語、かな以外、なぜ新聞の販売所で働いているのか、一言も語られていない。それで今回は怪談を利用して、主人公たちの過去を語りつつ物語全体に厚みを、という回かと思ったが、かな・ゆめ・ゆうき以外は触れられず、それも「なぜ販売所に来ることになったか」の具体的な説明はなかった。原作でも明らかにされていない彼らの過去は、はたしてアニメで語られるのだろうか。

次回もアニメオリジナルっぽい感じね。ちょっといい話を強調しすぎかとも思うが、気楽に見られてこれはこれで楽しい。

スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

かなめも 第6話「はじめての、恐い話」

「私が好きなのは、女の子全般じゃなくて、7~15歳の少女限定なの」 新聞屋が停電になる話。 今回は単行本で言う所の、52~54ページにオリ...

(アニメ感想) かなめも 第6話 「はじめての、怖い話」

かなめも (2) (まんがタイムKRコミックス)クチコミを見る 楽しかった銭湯を出ると、雨風がすっかり強くなっていた。いよいよ台風が近づいてきたらしい。 全員で家路を急いでいると、途中でかなが所属する料理クラブのメンバーとバッタリ顔をあわせる。休み中にもかかわら...

かなめも 第6話「はじめての、恐い話」

かなめも 第6話「はじめての、恐い話」の感想記事です。 ↓妄想詩人の手記(本館) http://coffeemonster.at.webry.info/200908/article_19.html ※この記事...

かなめも 第6話 「はじめての、恐い話」

まだ台風いたんですね! かなちゃんには、変態な新しい家族ができたけど。 忙しくてお料理クラブの友達と疎遠に。。。 切ない(´;ω;`) ...

かなめも 第6話「はじめての、恐い話」

前回の続きでした~ おフロに行ったのはいいけど、帰りはまた暴風雨。 …まさか現実世界でも台風が来るとは思わなかったなあ。 販売所に帰ってからも台風対策でてんやわんや。 銭湯行った意味がありません(^_^;) ついに停電! かなちゃんは超こわがりでした(^_^;)

かなめも 第6話 『はじめての、恐い話』 感想

   みんなで銭湯に行ったはいいが、帰りは台風で雨ザーザー!!風ビュービューでせっかく風呂に入ったのに意味がない。   さらに、かなと美華は強風に飛ばされるし・・・・・・昭和のコントみたい(笑)    そんな中、なんとか専売所に帰宅した...

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

awatan

Author:awatan
HN:江藤清通
かつては春秋学・宋代史・南学(秦山関係)関係の記事を中心に書いていました。最近は開店休業状態で、数ヶ月おきに思いついたことを書いてます。

自営サイト
最近の記事
カテゴリー
リンク集
全記事表示

全ての記事を表示する

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。