スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇縁・偶然・衝撃

少し前に終わった深夜アニメの「けいおん」。まだはやってるのかな?実は2,3日前、1日に3度も「けいおん」にお目に(?)かかったのだ。

1回目の遭遇。

所用でとあるショッピングセンターを歩いていたときのこと。エスカレータで楽器屋の前を通ると、何気なく聞き覚えのある音楽が............言うまでもなく「けいおん」OP。しかし専門の楽器店がアニメの曲かけてていいのかね?と思いつつ、気づくと必死に音を追っている自分がいて苦笑した。

2回目の遭遇。

その日の昼間。人通り少ない住宅街を歩いていたときのこと。家の補修に精を出す体格のいい兄ちゃんたちがいた。この暑いときにすごい体力だなと感心し、足早に横を通り過ぎようとすると、なにやら聞き覚えのある曲が............言うまでもなく「けいおん」のある曲。こんな兄ちゃんが聞く曲なんだと感心しつつ、ふと気づくとずいぶんゆったり歩く自分がいて、またもや苦笑してしまった。

3回目の遭遇。

その日の夕方。地下鉄にのって家路についたときのこと。運よく始発の電車に乗れたのだが、横の座席に私より少し若めの女性が腰を下ろした。失礼しますとばかり黙礼されたので、こちらも心なし頭を下げたのだが、そのとき目に入ったのが............「けいおん」の四コマだった。まあいいけどね。でもそんなに必死に読まなくていいんじゃないかと、内心思ったのは秘密だ。

それにしても「けいおん」人気だなあ。私なんかアニメが終わったら早速忘れてしまったのに。まあ、あずにゃんはかわいかったが。


ちなみにその日の夜、帰路の途中で書店によったのだが、横の方で2人の男女が私に聞こえるくらい大きい声でヒソヒソ会話していた。男性が女性に本を薦めたらしいのだが、女性氏曰く、「え~、活字はいや~、ケイタイ小説なら(ごにょごにょ)」。

............よもや「けいおん」か!と思ったが、その女性は『けいおん』の横の『かなめも』を手に取った。『かなめも』を推している私が、内心ガッツポーズをしたのは言うまでもない。

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

awatan

Author:awatan
HN:江藤清通
かつては春秋学・宋代史・南学(秦山関係)関係の記事を中心に書いていました。最近は開店休業状態で、数ヶ月おきに思いついたことを書いてます。

自営サイト
最近の記事
カテゴリー
リンク集
全記事表示

全ての記事を表示する

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。