スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

干支の換算

中央研究院の兩千年中西曆轉換の場所が変わったのかな?

研究とかやってる人間は、みんな干支の順序を暗記してるのかね?自慢じゃないが、私は長いあいだ研究していたけど、干支の順番は暗記していない。甲乙丙丁……と子丑寅卯……の順序は覚えているけど、合体させて60種類の順序を覚えるのは面倒くさてしなかった。

最近は干支も上のサイトで自動換算してくれるので計算ミスはなくなったけど、むかしはExcelに六十干支のリストを登録して、それを利用していた。史料に日付(干支)が出て来るたびに、Excelを起動して、六十干支を表示させ(甲子と乙丑だけ入力すれば、あとは範囲で勝手に60種類を表示してくれる)、その横に起点となる干支の日数を記入して、一日ごとに数字を増やしていく……という、書くとややこしいが、作業は簡単ということをやっていた。

もっともこれは今でも日付の連続した史料を扱うとき、ちょくちょく利用してはいる。でも普通の人はどうやって干支を数字に換算しているのだろう?作業の内実を人に示すことはないので、もっと効果的な方法がありそうに思うが、いちど習慣になってしまうと、なかなか我流を止められない。

甲子乙丑丙寅丁卯戊辰己巳庚午辛未壬申癸酉
甲戌乙亥丙子丁丑戊寅己卯庚辰辛巳壬午癸未
甲申乙酉丙戌丁亥戊子己丑庚寅辛卯壬辰癸巳
甲午乙未丙申丁酉戊戌己亥庚子辛丑壬寅癸卯
甲辰乙巳丙午丁未戊申己酉庚戌辛亥壬子癸丑
甲寅乙卯丙辰丁巳戊午己未庚申辛酉壬戌癸亥

干が十日ごとにモトに戻るので、役所は10日ごとの休日だったと思う。

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

awatan

Author:awatan
HN:江藤清通
かつては春秋学・宋代史・南学(秦山関係)関係の記事を中心に書いていました。最近は開店休業状態で、数ヶ月おきに思いついたことを書いてます。

自営サイト
最近の記事
カテゴリー
リンク集
全記事表示

全ての記事を表示する

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。