スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

党争

党争という言葉の典拠はどこだろうか?前にそう思って『漢語大詞典』(CD-ROM版)を調べてもらったら出てきたような気がしたんだが、さっき縮刷本を調べたらなかった(と思う。字が小さいから見落としたのかも知れないが)。朋党とか党籍とか党人とか、そういう言葉は古典でよく見かけるし、意味も比較的分かりやすいのだが、この党争というのが、どうも昔からよく分からないでいる。

中国史の概説書にも、北宋の党争を説明して、まれに「旧法党」と「新法党」の争いと解説したものがある。旧法党の名称は元祐党籍碑の時分にはあったのだろう。しかしそれは元祐党というだけのことで、別に党争のことを意味しない。また新法党に対しても、「煕豊の旧党」というような言い方があるし、彼らを「党」と見なした集団もいたのだろうが、だからといって旧法党と新法党が戦ったことを言ったわけではない。

北宋の歴史に限れば、党争らしき表現で最も有名なのは、おそらく洛蜀党議だと思う。これは旧法党の中に分派を作り(党派)、程頤が洛党の首領となり、蘇軾を奉ずる一派を蜀党とよび、洛党と蜀党が争ったというお話で、邵伯温の『邵氏聞見録』に見える有名な伝説だ。しかしこの場合の党争らしき表現は、旧法党で内部抗争があったというだけで、別に旧法党と新法党が戦ったというような意味ではない。

もちろん元祐から紹聖に移ると、章惇が猛烈に旧法派を糾弾するし、建中靖国になれば旧法派の一部巻き返しがあったし、崇寧大観の時代は蔡京が元祐党石碑を作ったし、政和あたりはちょっと旧法派の糾弾がゆるむしで、いろいろ政界に変化はあった。だから歴史的事実としては、旧法を奉ずる人々と新法を奉ずる人々が争ったらしい。だからこれを党争と言うのだろうか?

そもそも旧法党というのは、劉安世が『護道録』で「旧法党人七十八人」と言ったように、地縁・血縁・学閥のトライアングルで固まった存在だったらしい。だからこの政権の時期は、「もし親類縁者をポストに推薦できなくなれば、天下の賢者を推薦できなくなる。だってボクたち、親類縁者しか知り合いはいないんだもん!でも大丈夫、賢者は賢者としか寄り合わないから、ボクが賢者ならボクの知り合いも賢者だ!だからボクの知り合いだけ紹介していればいいんだ!」という寝言を起きたまま言っていたのだ。だからその「七十八人」+αを旧法党というのは、分からないではない。

しかし「新法党」とはなんだろうか。新法を熱心に行っていた連中だろうか?それなら上の「七十八人」+α以外はみな新法党ということになってしまう。それとも旧法党人を叩いた連中を新法党というのだろうか?しかし旧法党人を叩いた人間というのであれば、新法党ではなく、反旧法党ではないのか。いや、反旧法党は新法を拠り所にしたというのであれば、そもそも政争が激化した紹聖以後、新法も旧法も、奉ずるものは時の政権の国是によって変化して、とても信念ある政治家などいなかったのではないか。あるいは章惇や蔡卞のような、反旧法党で新法支持に熱心家な人々だけを指したのだろうか。しかしそれにしても新法党は旧法党と異なり、いまひとつ核がない。

ということで、私の場合、今一つ「新法党」の方に理解の足らないところがある。

もっとも、こういうものは党争の定義をどうするかによって、内容を検証する前に意味が決まってしまう。仮に党争を、近代に新しく決めた言葉で、政治的立場を異にする集団の政治闘争を指す、と定義すれば、もちろん新法党と旧法党の対立を党争とよぶことはできる。その場合の「党争」も「新法党」も「旧法党」も、古典の文脈に関わらず、新しく定義しなおせばそれでいいのだ。別に古典に典拠を求める必要はないと言われれば、仰る通りとしかいいようがない。

ただ、党争の二字が妙に古典っぽいので、なにか引きずられるものがある。だれかに教えていただきたいものだ(党争の典拠が分かればすぐ解決するとは思うんだが)。

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

awatan

Author:awatan
HN:江藤清通
かつては春秋学・宋代史・南学(秦山関係)関係の記事を中心に書いていました。最近は開店休業状態で、数ヶ月おきに思いついたことを書いてます。

自営サイト
最近の記事
カテゴリー
リンク集
全記事表示

全ての記事を表示する

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。