スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天下後世詎可欺乎

ふと『春秋大全』の四庫提要を思い出した。

明の永樂中,胡廣ら奉敕撰。

考うるに,宋の胡安國の『春秋傳』,高宗の時,奏進を經ると雖も,當時の命題取士,實にただ三傳を用うるのみ。『禮部韻略』の後に附す所の條例もて考うべし。『元史』選舉志に「延祐,科舉の新制,始めて春秋を以て胡安國が『傳』を用い,定めて功令と為す」と載す。汪克が『春秋纂疏』を作り,一に安國を以て主と為すは,蓋し當代の法に遵うのみ。

廣等の是の編を作るは,即ち克の書に因り,稍々點竄を為す。朱彝尊の『經義考』(巻200)に呉任臣の言を引きて曰く,「永樂中,敕して『春秋大全』を修めしとき,纂修官四十二人。其の發凡に云うならく,『紀年は汪氏『纂疏』に依り,地名は李氏『會通』に依り,經文は胡氏を以て據と為し,例は林氏に依る』と。實に則ち全く『纂疏』を襲いて書を成せり。奉敕纂修すと雖も,實に未だ纂修せざるなり。朝廷は罔(あざむ)くべく,月給は糜(ついや)すべく,賜予は邀(もと)むべくも,天下後世,詎んぞ欺くべけんや」云云。廣等の敗闕に於いて,其の覆を發すと為すべし。

其の書の採る所の諸説,ただ胡氏に憑りて去取を定めて,復たは是非を考論せず。有明二百餘年,經文を以て命題すと雖も,實に傳文を以て義を立つ。元代合題の制に至りては,なお經文の異同を考えり。明代は則ち傳中の一字一句を割きて牽連比附するのみにて,また之を合題と謂えり。春秋の大義をして日に榛蕪ならしめたるは,みな廣らその波を導びけり。[……]


後半の省略部分は,清朝の『傳説彙纂』はすんばらしーというはなし。

この「朝廷可罔,月給可糜,賜予可邀,天下後世詎可欺乎(朝廷は罔くべく,月給は糜すべく,賜予は邀むべくも,天下後世,詎んぞ欺くべけんや)」というセリフが好きでしてね。何かに憤慨するたびに,この言葉を思い出します。

典拠としては『四庫提要』(というか『経義考』所収の呉任臣の言葉)よりも,下の『日知録』の言葉が有名だろうと思う。ただ私が初めてこの言葉を知ったのが『四庫提要』のココだったので,それ以後,この手の話しを思い出すと,自動的に『四庫提要』を思い出してしまう。

四書五經大全(『日知録』巻18)

[……]至『春秋大全』,則全襲元人汪克寛『胡傳纂疏』,但改其中「愚按」二字為「汪氏曰」,及添廬陵李氏等一二條而已。『詩經大全』,則全襲元人劉瑾『詩傳通釋』,而改其中「愚按」二字為「安成劉氏曰」。其三經後人,皆不見舊書,亦未必不因前人也。當日儒臣奉旨修『四書五經大全』,頒餐錢給筆札,書成之日,賜金遷秩,所費於國家者,不知凡幾。將謂:「此書既成,可以章一代教學之功,啓百世儒林之緒」,而僅取已成之書,抄謄一過。上欺朝廷,下誑士子,唐宋之時有是事乎,豈非骨鯁之臣,已空於建文之代。而制義初行,一時人士,盡棄宋元以來所傳之實學,上下相蒙,以饕禄利,而莫之問也。嗚呼,經學之廢,實自此始。後之君子,欲掃而更之,亦難乎其為力矣。



スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

awatan

Author:awatan
HN:江藤清通
かつては春秋学・宋代史・南学(秦山関係)関係の記事を中心に書いていました。最近は開店休業状態で、数ヶ月おきに思いついたことを書いてます。

自営サイト
最近の記事
カテゴリー
リンク集
全記事表示

全ての記事を表示する

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。