スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりあえず

考えている時間が勿体ないので、とりあえず神道批判の常道ということで、浅見さんと佐藤さんの中国弁と中国論集を読むことにした。尚斎にも神道批判のまとまった書物はあるらしいが、ちょっと見られそうにないので諦める。秦山先生は分量が多くて、なにをやっても中途半端に終わるだろうから、こちらも断念した。

以下、雑感。

たしかに日本は歴史に学ばない国柄だな。もっとも今回の政治劇は、歴史というより、個人的な反省が足らないだけではないかと思わないでもない。でも、変えようにも変えられないのかも知れない。人は変われるものだが、変わらないのもまた人の性、だからそういう風にしか動けないのではないか。別の方面から言えば、選択肢が少ない、というか、ないから、どう転んでも、転がそうとすれば同じ人が中心になるのだろう。

でもこれからの政治はどうなるものか。一昔前なら、日本には日本の伝統があるから、よしにつけあしにつけ、そういうものとして各々努力しないといけない、アメリカにも善悪あり、中国にも善悪あり、云々と言えたのだが、世界が急速に一つになるということは、そういう各地の伝統を踏みつぶしていくのだろうか。いや、踏みつぶしていくとして、どういう形で踏みつぶすのだろう。

中国なんて昔からでかい国だが(面積ね)、地方ごとにかなり違うことをやっていたし、差異に手を付けないように政治をしていた。それが善いことかどうかは知らないが、欧州のような傲岸不遜的態度とは、同じ傲岸不遜でも性質が違う。いずれにせよ私のような人間には苦しい時勢だな。いや、そうならなくても楽にはならないのだけどね。人生いろいろ。

どうでもいいが、googlebotは一日何回きたら気が済むんだ。さっき調べてやったら、今日だけで70回もご訪問があった。なかには1秒後とかいうのがあったが、どんだけ暇なんだ。

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

awatan

Author:awatan
HN:江藤清通
かつては春秋学・宋代史・南学(秦山関係)関係の記事を中心に書いていました。最近は開店休業状態で、数ヶ月おきに思いついたことを書いてます。

自営サイト
最近の記事
カテゴリー
リンク集
全記事表示

全ての記事を表示する

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。