スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑記

1.申不害

のデータはあったのか。むかしブログにデータ載せたけど、全くの無駄だった。別に構わないけど。


2.大学の存在

王朝時代の中国には大学がない。もちろん国子監はあるけど、ああいうものではなく、欧州の大学みたいなもの。中国のいいところとして、大学に関係なく、いろいろな知識人がいろいろな立場でいろいろな場所から学問的発言をできるというのはある。が、その反面、だれがどこで何の目的で何を発言したのか、さっぱり分からないという困ったことも起こる。

でも王朝中国に大学がないのはいいとして、他の文化圏はどうなのかな?イスラム(西アジアの方)とかインドとか。いまふと思いついただけなので、全く調べてないけど......そもそも調べ方がよく分からない。

でも中世の哲学(神学か)とかイスラムの哲学とか、素人目にはおもしろそうだな。それとも素人目からすると、中国の思想もおもしろく見えるのかね?まぁねぇ、中国の思想もそれそのものとしてはおもしろいけど、日本で研究するのは止めた方がいいとしかアドバイスのしようがない。


3.尊王説と攘夷説

尊王説と攘夷説は別物だと書こうと思って、ふと冷静になったら、尊王攘夷論は日本にもあって、日本でも二つは別れたのだから、別に説明するほどのことでもなかった。春秋だけ見ているとろくなことを考えない。


4.日本主義(愛国?)

が盛んらしい。なんでも度を超すらしい。

日本主義が盛んなのはここしばらくのことだと思っていたので、深く考えたていなかった。ふつうの愛国心(郷土愛?)を無理に否定するとかえってやけどをするから、冷静に対処するのは立派なことだ。が、その度を超すような思想とは何かな。

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

awatan

Author:awatan
HN:江藤清通
かつては春秋学・宋代史・南学(秦山関係)関係の記事を中心に書いていました。最近は開店休業状態で、数ヶ月おきに思いついたことを書いてます。

自営サイト
最近の記事
カテゴリー
リンク集
全記事表示

全ての記事を表示する

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。