スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑記

すこし頼まれ事(?)があって真潮の文章を読んでいるのだが、それで久しく秦山先生の文章を読んでいないことに気が付いた。ここ2,3日心が低劣になっていたので、こういうときこそ秦山先生のような鉄の精神を持った人の文章を読んで発憤しないといけない。そう思って寝る前に少しづつ秦山先生の文章を読み直すことにした。やはり克己復礼は大事だ。


時代劇やなんかが時代性を帯びるのは仕方のないことで、だから私はあまりあの手のものを見ない。もちろん見る人に文句を付ける気は毛頭ない。こういうのは趣味の問題で、自分には許せないものが、他人には娯楽となることは全く珍しくない。私なんぞ秋の虫の音なんか雑音にしか聞こえないが、美しいと思う人もいるらしいから、まあ人それぞれなんだろう。

これを前提として、時代劇で今一つおもしろく思えないのは、服とか家とかそいういう小道具に凝る反面、精神とか価値観とか発言の方法とかそういうところに手抜かりがあることだ。むしろ脚本や監督なんかは、過去の器物や事件を利用してその中から(勝手に)現代性を引き出そうとしているのだろうし、それをこそ言いたいのだろうが、残念なことに私はそれを聞きたくないのだ。どちらかというと過去の生活の一こまをできるかぎりそのまま再現して(不可能であることは百も承知だ)、それをそのまま流して欲しい。現代や自分との相違を発見できて楽しいだろう。例えば戦後直後であれば××××なんて珍しくもないとか。


わがことながらいつも思うのは、古文を訳すとき「~と」をやたらと使ってしまうことだ。例のなんでもつなげられる接続詞「が」の使用には気をつけるようにしているので、不用意に「が」を使った場合はもういちど論旨をおって考え直すことにしている。もちろん古文じしんが強引に文章を繋いでいる場合、たとえばミンジン(明人)なんかの文章に対しては、遠慮なく「が」で繋いで原文の拙劣さを強調してやりたい気持ちになる。

しかし「と」はどうも「が」とは性格が違うらしく、文の流れが分からないというものではなく、リズムが悪く分かり難いという類のものであるようにも思える。「成都府知事となった」とか、「と言った」とか、私はさまざまなところで「と」を使っているようで、しかも個々の句を取り出せば意味が分からないというものでもないのだが、文章が長くつづくと読みにくくなる。うまい人の訳本でもよんで勉強しないといけない。

中国古文の翻訳がうまいのは誰だろうか。論語みたいなのは参考にならないから、もっとましなもので名訳はないものか。むろん書き下しは論外だ。個人的には中野さんの『西遊記』は好きだ。漢語の翻訳なのに全く漢文を意識させない。すばらしい。原文と比べたことがないので内容があってるかどうかは知らないが、孔丘とか漢代の文集ならいざ知らず、宋代以降の文章を堅苦しく訳す必要はどこにもない。

とはいえ『西遊記』は白話文だから、いかに中野さんがうまくても、歴史書とか経解類の訳と同列に語るのはむつかしい。漫画やラノベを外国語に翻訳するのと、カッチカチの哲学書や研究書を翻訳するのと、勝手が違うような感じだ。なにか名訳はないものか。ああ、言うまでもないけど、名訳とかいって「書き下し」なんてのはなしだよ。

ちなみに私などは穀梁伝や尚書などは書き下しでもいいと思っている。なぜならあそこまで時代が古くなると、漢字一文字に多様な意味が含まれすぎて、どうにも訳しようのないのが正直なところだからだ。今から1000年前の宋代の人ですら、「古い時代は文字が少ないから漢字一文字に複数の意味が込められている。だから強いて現代人の感覚で漢字の意味を探ってはならねえ」みたいな偉そうな講釈を垂れていたくらいだから、ましてやその1000年後の我々とあってはなおさらだ。ところが日本には書き下しという便利なツールがあるので、書き下しのまま放っておけばいい。せいぜい語釈でもつけて、「Aという漢字には、Bという意味と、Cという意味と、Dという意味と......Zという意味がある。ここの意味はそのどれか、あるいは全部」と書いておけばいい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

awatan

Author:awatan
HN:江藤清通
かつては春秋学・宋代史・南学(秦山関係)関係の記事を中心に書いていました。最近は開店休業状態で、数ヶ月おきに思いついたことを書いてます。

自営サイト
最近の記事
カテゴリー
リンク集
全記事表示

全ての記事を表示する

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。