スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お守り+略記

粟田神社略記
粟田神社の略記(15×21㎝)。手作り感溢れる出来映えで好感がもてる。

粟田お守り
同お守り。

夜中に探したら見つかった。お守りは一年に一回更新しないといけないらしいけど、信仰心ゼロなので気にしないで何年も部屋の扉にぶら下げている。

それにしても久しぶりに粟田神社のサイトに行ったらずいぶん様変わりしていた。むかしあった掲示板もなくなって代わりにブログになっているし、お守りなどの通販もなくなっている。お守りとか神社関係の通販なんて手間の割りに儲からないから止めた方が楽でいいのだろう。

高校生のころ、青木和夫という人の『奈良の都』を読んで粟田さんが好きになり、それで国史大系とか続日本紀とか漁っているうちに、岸俊男という学者の「ワニ氏に関する基礎的考察」という論文を読んで大いに歴史学に興味をもった。ワニ氏は粟田さんのご先祖です。もっともその後、文公先生とか大学章句とか(中庸はラーメンのフタになった)、そういう余計なものに興味をもってふらふらう変な方向に走っていったのが運の尽きだった。まぁそれはそれで満足しているので構わないのだけども。

しっかし日本の歴史も世界の歴史もどう考えても旧版の方がおもしろいと思うんだが、世間ではどういう評価がされているんだろうか。新版の文庫本が出てるのに未だに旧版の文庫も並行して売るってどういうことよ。新版が駄目だという証拠ではないのか。それだけいろいろなものが劣化しているのだろう。

そういえば石川県にも粟田とかいう地名があるけど、あれも粟田氏に関係あるのだろうか?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

awatan

Author:awatan
HN:江藤清通
かつては春秋学・宋代史・南学(秦山関係)関係の記事を中心に書いていました。最近は開店休業状態で、数ヶ月おきに思いついたことを書いてます。

自営サイト
最近の記事
カテゴリー
リンク集
全記事表示

全ての記事を表示する

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。