スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

yaolu

まあ簡体字なのは仕方ないですよ。向こうのPCで操作すれば簡体字になるでしょうし。流出もとが台湾の場合は繁体字ですけどね。長編はたぶん中央研究院のでしょうから。たまに台湾から流出したもののくせにわざわざ簡体字にしてくれてるのもありますけね。

研究室にいれば四庫全書の検索版があったりして、落ちてるテキストデータは全く不要になりますね。何種類もの検索ソフトを入れてるスーパーPC(個人用)を見たことありますよ。


簡体字データの場合、むかしは面倒なのでいちいち繁体字に変換してました。単に気分の問題ですけど、なんとなく簡体字で資料を読むと気持ち悪いもので。他の人はどうしてるんでしょうね。

でも繁体字から簡体字は簡単ですけど、逆はいろいろ問題が出てきますね。私の使ってるのは、なぜか「圣」を繁体字に変換できない。あとよく問題になるのは「云」と「仆」ですかね。

Google Chromeはなんとなく使いにくい(見づらい)感じがして乗り換える気になれない。firefoxはJavaScriptをoffにしてるときが多いのであまり気にならない。むしろ昔はカスペルスキーが重くてイライラした。カスペルスキーも最初はよかったけど、使えば使うほど重くなったような気がするなあ。


ああ、これは別に検索よけじゃないですよ。


要録をパラパラ読んでいたら葉夢得の名前を目にした。この人はむかし蔡京と仲良く政治してたことがあったはずなんだが、そこのところ本人はどう思ってたんだろうな。いや、弁解がましいことは言ってたはずだけど、自分の見識についてどう考えてたのだろう。葉夢得といえば春秋学の大家として知られている。

春秋は経学のなかでも最も名分に厳しい学問なのに、その葉夢得が蔡京と仲良しさんとは、笑うに笑えん話ではある。まぁ春秋に通暁していたらしい王沿は、春秋を用いて裁判して冤罪を引き起こしたらしいから、そんなものといえばそんなものなんだけども。

「〔蔡〕京姦邪之計大類王莽,而朋黨之衆則又過之,願斬之以謝天下。」──『宋史』巻356、崔鶠伝

昨日、寝る前に『宋史』の趙鼎伝を読んでいたら、冒頭にこんなことが書いてあった。

趙鼎字元鎮,解州聞喜人.生四歲而孤,母樊教之,通經史百家之書。登崇寧五年進士第,對策斥章惇誤國。累官為河南洛陽令,宰相呉敏知其能,擢為開封士曹。

ほぉ~章惇を批判するとはなかなか勇ましい......と一瞬思ったけど、よく見たら「崇寧五年進士第」と書いてある。崇寧五年?章惇が失脚して六年後ですか?しかも呉敏に目をかけられたっていうけど、呉敏も蔡京(いや、その息子だったっけ)と一緒に国を破壊しまくった男だったはずなんだがな。なんとなく冒頭の二行に趙鼎の駄目振りが現れているようだ。

それにすごい人気で高宗からの信望も厚かった割に、秦檜が死んでも名誉回復されないのね。孝宗に代替わりしてからですか。そうですか。

しかし趙鼎伝で一番おもしろいのは、徹底的に排斥されたあと、最後の記事:

在吉陽三年,潛居深處,門人故吏皆不敢通問,惟廣西帥張宗元時饋醪米。

の一句だな。まあ慕ってるとか感謝してるとかいう民衆や一般人や仲間の感情表現がどれほど虚しく無意味なものかよく分かる。世間なんてそんなもので、それを徹底的に踏みつぶした秦檜にはむしろ感動こそ覚える。


なにか下の宣伝に:

宋元版を研究するなら - www.nijl.ac.jp
国文学研究資料館にある大学院で博士(文学)を取得しよう !

とか出てくるけど、宋元版を研究したいなら東大か京大に行った方がいい。日本ならの話だけど。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

awatan

Author:awatan
HN:江藤清通
かつては春秋学・宋代史・南学(秦山関係)関係の記事を中心に書いていました。最近は開店休業状態で、数ヶ月おきに思いついたことを書いてます。

自営サイト
最近の記事
カテゴリー
リンク集
全記事表示

全ての記事を表示する

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。