スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経学変古時代2(春秋/経学歴史)

経学変古時代(つづき)

  宋人は注疏を信ぜず,馴れて経を疑うに至り,経を疑いて已まず,終に経を改め経を刪し,経文を移易し以て己が説を就すに至る。此れ訓と為すべからざる者なり。
  世に鄭康成の好みて字を改むるを譏るものあるも,鄭箋の毛〔詩〕を改むるもの,多くは魯〔詩〕と韓〔詩〕の説に本づくを知らず。其の依拠を尋ぬるに,なお徴験すべし。『礼記』に注するには盧〔植〕と馬〔融〕の本を用い,盧植の云う所の「発起紕繆」なるが如きに当りては,注に「某,当に某と為すべし」と云い,亦必ず確に憑依あり。『周礼』は故書なれば『儀礼』と同じからず。古今は文異なれば,一従一改すること,即ち斉〔論〕と古〔論〕とを以て魯論を考うるの意なり。『儀礼』の〈喪服伝〉,『礼記』の〈玉藻〉〈楽記〉は,明らかに錯簡たるを知ると雖も,但だ其の説を注に存して其の正文を易えず。先儒の経を説くこと,此の如く其れ慎めり。豈に擅ままに経の字を改むる者あらんや。
  唐の魏徴の『類礼』を作りて『礼記』の次序を改易せしとき,張説の之を駮して行われざるは,なお謹厳の意を得るがごとし。乃ち宋に至りて風気大変す。
  朱子の『論語』に注せるとき,重出の章を刪らず,「与其進也」の三句,其の文を鉤転せず,但だ其の説を注に存す。『詩』の「爰其適帰」に注せるとき,「『家語』は奚に作る」と云うも,改めて「奚」と為さず。「上帝甚蹈」は,「『国語』は神に作る」と云うも,改めて「神」と為さず。体例なお未だ失わざるなり。独り『大学』に於いて,其の文を移し,又其の伝を補い,『孝経』は経伝を分かち,又経文を刪し,未だ宋人の習気を免れず。而るも『大学』を移すは先に二程子あり,『孝経』を刪するは胡侍郎と汪端明に本づくと言えば,則ち未だ尽くは朱子の咎と為すべからず。
  王柏の『書疑』を作すが如きは,将に『尚書』もて意に任せて増刪せんとし,『詩疑』は鄭と衛とを刪し,風と雅と頌とも亦意に任じて改易すれば,忌憚無しと謂うべし。『四庫提要』は之を斥けて曰く,「柏は何人ならんや。斯れ敢えて筆を奮い以て孔子を進退せんとするか。」経学,斯に至り一阨と云うべし。他に兪廷椿の『復古編』の如きは,五官を割裂し,以て冬官を補い,呉澄の『礼記纂言』は,将に四十九篇もて顛倒割裂し,私に古籍を竄すること,完膚なからしめんとす。宋元明人の説経の書,此の如き者多し,実に宋人之が俑始と為す。


スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

awatan

Author:awatan
HN:江藤清通
かつては春秋学・宋代史・南学(秦山関係)関係の記事を中心に書いていました。最近は開店休業状態で、数ヶ月おきに思いついたことを書いてます。

自営サイト
最近の記事
カテゴリー
リンク集
全記事表示

全ての記事を表示する

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。