スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑記

1.都総管府
2.そういえば
3.宋史全訳
4.東都事略の訳
5.サンセーキ

※以下本文

1.都総管府

靖康元年九月
丙戌,建三京及州為都總管府,分總四道兵。
庚寅,以知大名府趙野為北道都總管,知河南府王襄為西道都總管,知州張叔夜為南道都總管,知應天府胡直孺為東道都總管。

どの記事でも同じなので『宋史』から。ろくな人材がいない。張叔夜以外。さすが文弱、泣けてくるぜ。ここらが唐と違うところだな。ちなみに趙野という男は、自分の守っていた城が落ちそうになったので逃げたところ、部下の将校につかまり、バッシングをうけて殺された。王襄は開封府の援軍にかけつけるそぶりをしながら、ちんたら進んで命を長らえ、南宋になって降格された。胡直孺は......

2.そういえば

ヒツジの執事 (残業編)の発売日だった。我が地方の発売日は数日後のことだけど。

3.宋史全訳

二十四史全訳というのが中国にあって、その中の一つに当然ながら宋史全訳が入っている。このまえ始めて目にする機会があった。実のところ中国の翻訳はあまり評価していなかった。私の見たのが経学関係ばかりだったせいか、清代の注釈の方が信頼できる......という感じだったのだ。訳注も原文に毛の生えたようなのばっかりだったし。でも宋史全訳はなかなか参考になった。もちろん役に立たないところもあるにはある。そうねえ、大漢和の書き下し訳というか、原文+「的」みたいな感じのもあるにはあるが、そこそこ参考になりそうではあった。

まぁ、身近にないから現実的には参考にできないところが悲しいところではあるけど。

褒めておいてこういうのもおかしいけど、ないならないで別にかまわない。だってねえ、非常に微細な問題は、結局のところ、どこのどんな訳でも分からなくて、いろいろ調べないと分からないわけだから。

4.東都事略の訳

を作ってもしかたない。と、余計な考えが脳裏を横切った。まぁ張叔夜くらいは終わらせるけど、ちょっとやばい感じだなぁ。冷静に考えればその通りなんだよねえ。意味を考え出すとダメだな。というか、はじめから意味のあることやれよという感じだな。

5.サンセーキ

梨のこと。20世紀梨の改良版(?)らしい。長野県が開発したのだそうです。今度一つだけ買ってみよう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

コメントありがとうございます。

なるほど、そういうところの影響なのかも知れませんね。私はそちらの方を見ないものですから、どうしたのかなと思ってました。いや、それなら全く問題ないのです。わざわざありがとうございました。

追伸:
もう「執事」を手に入れられたようで、うらやましい限りです。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

awatan

Author:awatan
HN:江藤清通
かつては春秋学・宋代史・南学(秦山関係)関係の記事を中心に書いていました。最近は開店休業状態で、数ヶ月おきに思いついたことを書いてます。

自営サイト
最近の記事
カテゴリー
リンク集
全記事表示

全ての記事を表示する

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。