スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国経学第七輯

やっと中国経学の第七輯がとどいた。紀念沈文倬先生逝世周年専輯の副題の通り、本当に沈氏の論文と学術紹介と思ひ出だけだった。これほど名と実が一致していると気持ちいい。日本でも某先生退休記念論集などが出版されるが、某先生のことは冒頭十数ページに年譜と著作一覧があるくらいで、実際は弟子のどうでもいい論文ばかり載ってることがある。こういう詐欺まがいの論集に比べると本作は清々しいほどに専輯とよぶにふさわしい。

中身は......まだちゃんと読んでないから何とも言えないけど、ここで感想を書く必要もないだろう。どうみてもふつうの人が興味を持つような内容でなし、万が一、価値のある感想を書いても、喜ぶのは学者関係だけだから、労多くして益すること絶えて無きことは断じてすべきでない。

※今日の妄言

それはそうと、お金になる分野の論文はともかくとして、どうみても赤字の分野は、余計な論文雑誌を出さないで、どこかの研究機関なり政府なりに一括して論文を提出するようにしたら便利なのに。いや、販売して元がとれるとか、利益の出る分野はそんなことする必要ないけど、出せば出すほど赤字になるとか、会費だけで成り立っているような分野は、無理して金を集めて紙の雑誌をつくらなくても、どこかにまとめて投稿するようにすればいい。金になってないのに研究が続けられるということは、大半が国民の血税をむしり取ってしている研究なのだから、別段、ただで公表してもかまいまい。

そんでAmazonみたいにレビューとか☆とかつけられるようにして、さらにダウンロード数を表示できるようにすれば、いちいち偉い先生のお手を煩わせるまでもなく、評価なんて一目瞭然に分かるし、見かけ倒しの論題・摘要etcに惑わされることなく論文の善し悪しもおのずと分かる(かもしれない)。

なんなら正式会員(自称専門家)と一般会員(他称素人)に別けて☆の表示場所を変えるとか、ダウンロード数におうじて正式会員から徴収した金を執筆料としてくばるとか、適当にやればいい。どうせ売れてない分野だから金が集まるとは思えないけど。

まあ私のように曲がった性根の人間は、匿名で偉い先生の論文と憎たらしい人間の論文をこき下ろすだろうけど、大半の人はそんなことすまいて。むしろ肩書きだけのトンデモ学説が世間に知られるいい機会じゃないか。

もちろん、俺たちのやっている贅沢で高級な学問は下劣な一般人には理解できないのだから、凡俗の連中にはそんなすんばらしい世界に入ってきて欲しくないというなら、ご自由になさったらいいけども。


プリンタが壊れた。

別に神罰が降ったわけではないと思ふ。購入してから十数年経ってるし、寿命だったのではないかと。数日前に動かしたとき、ギーギーあやしい音がなっていたので、やばそうだなと思っていたら、案の定、動かなくなってしまった。とはいえ、いままでよくもってくれたものだ。

滅多に使わないものだから、新しいのに新調!という気にはなれないのだが、遺憾なことに印刷しないといけない資料があって購入せざるを得ないような状況になってしまった。こちらは神罰かもしれない。

いや、そうでもないかもしれない。問題のpdfにはパスワードがかかっていて、PC上に保存しようとしたら白紙画面になってしまうので、印刷するしかなかったのだが、pdf印刷にしてみたら案外そのままpdfで印刷されて出てきた。杜撰な管理してるな~。でもpdf変換ソフトの性能が悪いせいか(AdobeのAcrobatにあらず)、汚い感じのpdfしか出来ない。プリンタは滅多に使わないから、できれば買いたくないのだが、どうしたものかな。

ちなみに紙に印刷したものをスキャンしてOCRで読み取れば、ほぼ正確にもとのデータが再現できる。もともと平易な日本語データをpdf化しただけのもののようだから、OCRでもそれなりに読み取れるのだろう。ということは、わざわざpdfにパスワードかけてデータを保護しようとしてもほとんど無意味ということになる。それなら無駄な手間をかけさせるの止めてもらいたいものだ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

awatan

Author:awatan
HN:江藤清通
かつては春秋学・宋代史・南学(秦山関係)関係の記事を中心に書いていました。最近は開店休業状態で、数ヶ月おきに思いついたことを書いてます。

自営サイト
最近の記事
カテゴリー
リンク集
全記事表示

全ての記事を表示する

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。