スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書物雑記++

死皇帝の陵墓

陵墓でググったら他のキーワードに「死皇帝の陵墓」というのが出てきた。すごい間違いだな~と思って調べてみたら、本当にそういうのがあるとのこと。ほぅ......

北九州中国書店の新刊メール:

尚書古文疏証(附:古文尚書冤詞)(全2册)
(清)閻若璩、上海古籍出版社、\6720


書虫:

古文尚書疏証(附:古文尚書冤詞)-清代学術名著叢刊、3670円


ページまでわかっているならたぶん発売段階まできているのだろう。実際に市場に出てるかどうかは別として。それにしても疏証だけでもソコソコの量があるのに、冤詞まで附録につけたら凄い分量になるのではなかろうか。まぁ冤詞は節録という可能性もあるけど、もし両方すべて入っているとすれば、ちょっとお得感がある。書虫のこと。そういえば皮錫瑞が古文尚書冤詞平議とかいうのを書いていたな。途中で面倒になって読むのを止めた記憶だけ残っている。内容はしらん。

> 年金

それは負の所得税と同じでは?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

awatan

Author:awatan
HN:江藤清通
かつては春秋学・宋代史・南学(秦山関係)関係の記事を中心に書いていました。最近は開店休業状態で、数ヶ月おきに思いついたことを書いてます。

自営サイト
最近の記事
カテゴリー
リンク集
全記事表示

全ての記事を表示する

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。