スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特になにも書くこともないが

唐宋史料筆記叢刊がしぶとく続きを出すとすると、ますます全宋筆記と区別がつかなくなる。わたしは全宋筆記よりも、唐宋史料筆記叢刊の方がレイアウト的にも、本の大きさ的にも、使いやすいと思うが、それはともかく、唐宋史料筆記叢刊はどこまで出すつもりなんだろうか。全宋筆記は、その名のとおり、宋代の筆記類はすべて出すつもりだろうなあ(解釈の違いで漏れるのもあるだろうけど)。

1月頃は春秋権衡を読み進めていたが、別件が横から入ったおかげで、それもずっと止まったままになっている。別件はなかなか片付かないから、始めようもない。どうしたものかな。

そういえばサイトの方に残している高畠関係のデータは、2006年からはじめたらしい。もう十年も前になるのか。あのころは高畠さんの文章を読むのが楽しかったな。いまでもおもしろいことはおもしろいが、さすがにあの頃ほどのおもしろさはなくなった。トシをとったからかもしれないし、手に入れやすい文章はほぼ読み終わってしまったからかもしれないけど。

どーでもいいこと

久しぶりになってしまった。

先月末に所定の用事を終わらせたので、ぼちぼちブログでも書くかと思っていたら、風邪を引いて寝込んでしまった。変な時期に寒くなったり温かくなったりするから、身が持たないな。

権衡のつづきでもはじめたいが(あと一回分残っているけど)、先の用事はまだ完全に終わったわけではないので、その余裕はやはりない。なにをしたものか。

どーでもいいこと

きづくと1週間も書いてなかったのか。ここしばらく別のことに忙しかったから、存在を忘れていたからなあ。ということで、今日もその続きで忙しいので、何か新しいことを書いている余裕はない。

が、書虫をみていると、面白そうなのが二つほどみつかったので、備忘録がてらに書いておこう。

・陽明文献匯刊(全54冊)
・李源澄集新編

陽明のはその全集とその資料彙編のようなものらしい。もちろんいらないけど、さすがにいろいろ出るものだな。李源澄のはよくわからないけど、編者が前の李源澄選集と同じなので、新発見の資料あたりを足したものか、もしくは新発見の資料だけを集めたものではないかな。よくわからないけど。

どーでもいいこと

ふう、私生活に二つのことはできないなあ。当面は権衡を休まざる得まい。後一回分だけ残っているから、こんどそれをあげて、しばらく休みにしよう。これがいいことなのか、悪いことなのかは、なんとも言えないが。


どーでもいいこと

やはり権衡の予備がないと、更新が滞りがちだな。権衡も読み出すとおもしろいのだが、継続性がないと頭がついていかない。土日だけというわけにもいかないからなあ。

そういえば陳継儒の小品集を読む機会があったのだが、驚くほどおもしろくなかった。わたしの頭が宋代的な論調に親近感をもつ所為もあるのだろうが、どーでもいい日常生活のはなしばっかりで、おまえの個人生活などどーでもええわ、という感じだった。今でいうブログなりなんなりの記事を読んでいる感じで、今のものなら同時代だからまだしも、異世界の異時間のとなると、まったくもってどーでもいい内容だった。

とはいえ、読んだ端から忘れていったので、どんなところがどーだめだったのかメモすら書けないのが残念ではあるが......まぁ本当に興味のないものを読んだときよくある私の習性なのであきらめるとしよう。

話は変わるが、かなり古いATOKをつかっていたこともあって、windows10に完全対応できない状態になったので、しかたないから久しぶりにバージョンアップでもするか。この際、MS-IMEに変えようかとも思ったが、慣れたものの方が使いやすいのは確かだし、広辞苑辞書が使えなくなるのももったいない。

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

awatan

Author:awatan
HN:江藤清通
かつては春秋学・宋代史・南学(秦山関係)関係の記事を中心に書いていました。最近は開店休業状態で、数ヶ月おきに思いついたことを書いてます。

自営サイト
最近の記事
カテゴリー
リンク集
全記事表示

全ての記事を表示する

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。